始まりの惑星(実験惑星Xの紹介と感想)

実験惑星X タイトル

2016年8月17日追記:「実験惑星X」は現在「公開終了」となっていて、プレイできなくなっています。

・はじめ

諸君、今日もゲームの発掘に勤しんでいるかな! ゲームを長く遊んでいるとついつい複雑そうなゲームばかり探してしまうけど、複雑かどうか、長いか短いかは面白さにはそれほど関係ないのだとやっと実感できたよ。

今回紹介する実験惑星Xは短い時間で遊べるブラウザゲームだ。

○ゲーム紹介

実験惑星X 戦闘

「実験惑星X」はシンプルなアクションゲームだ。プレイヤーは「X」という、不気味だが愛嬌のある一つ目の生命体を操作し、フィールドに潜んでいるもう一体の「X」を倒すか、戦場のどこかにある敵の「命の素」を奪うかすれば、ゲームに勝利できる。戦いは一対一の決闘であり、Xは体力を消費することで攻撃を発射することができる。

もちろん、これだけではさすがに簡単過ぎる。大丈夫!このゲームには上記のルールを面白くする仕掛けが二つあるのだ。

○狭い視界と地雷による緊張

第一に、プレイヤーの視界は非常に狭く、周囲の状況がほとんど分からない。

第二に、地雷の存在。
地雷は戦闘開始前の準備時間に5つまで設置できる罠で、踏んだものに大ダメージを負わせる厄介な武器だ。
目視出来ないため、発見したり破壊したりするには実際に攻撃を当ててみなくてはならない。

実験惑星X 準備画面

つまりプレイヤーは、狭い視界を頼りに、何処にあるかも分からない地雷を警戒しながらフィールドを探索し、敵あるいはその「命の素」を探すことになる。いつ敵が現れるか、何処に命の素があるのか・・・一回の戦闘は数分で終了するが、この間、油断は一切できない。

ただ、敵コンピュータープレイヤーの思考はやや単純で、プレイしている間、敵がこちらに向かって当たらない攻撃を放ち続けたり、同じところを往復したりといった行為をしばしば起こすのが残念。

・謎巡るストーリー

実験惑星X ストーリー

戦いに勝利するたび、画面に不穏なメッセージが流れる。最初は曖昧すぎて意味不明だが、ゲームを進めるうちに次第にその内容が理解できるようになっている。題名の「実験」とは一体何なのか、そもそも何故戦っているのかといった疑問が少しづつ明らかになっていく。

○まとめ

誰でもすぐにルールを理解でき、即座に遊ぶことができるゲーム。手堅い短編ゲームとして手堅く成り立っている。

<hr size=”1″>
○外部リンク
Game Cradle

○関連記事
流星に願いをこめて ミサイルが降る星 感想
お菓子は甘いが・・・?コルルトの匙悪魔 感想と紹介
Cat Astro Phi 感想と紹介 きゃたすとろふぃ!

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。