Home > X-Note | Zeiva Inc > X-Noteを考える ―シナリオ―

X-Noteを考える ―シナリオ―

Zeiva IncのMirage Maiden氏によれば、2010年に発売されたOther Age Second Encounter(以下OASE)の売り上げはかなり悪かったそうです。それは絵のせいでも知名度のせいでもなく、ゲームの内容そのものに原因があったせいだと私は考えています。OASEは、あまりに多くの欠陥を抱えていたのです。

x-note 新タイトル

OASEの発売からしばらく経ったころ、Zeiva Incは、OASEの経験と市場の分析を基にユーザーの好みを意識した乙女ゲームを2本制作するという計画「Otome-X」を発表しました。私は困惑しました。従来のZeivaとは明らかに違う路線だったからです。この計画の産物である「X-Note」が発売されたのは、それから約10ヵ月後のことでした。

今日は、このX-noteについて書いていこうと思います。

※注意:本文にはネタバレが含まれます。

◎シナリオ

○導入部分

幼少期に母親を交通事故で亡くして児童養護施設で育ったEssiは、どこか他人との関わりを避けがちな生活を送っていました。
Essiには超能力が使えるという誰にも言えない秘密があったのです。

x-note ユオンと遭遇

ある日Essiは見知らぬ少年に声をかけられます。Yuonと名乗ったその少年は、Xen学園という学校で起こった殺人事件の捜査を超能力で助けてほしいとEssiに依頼します。

突然の出来事にEssiは訝(いぶか)しみます。そもそも、自分が超能力者であることは誰も知らないはずなのです。しかし、殺人事件にはEssiの母の過去が関係していると告げられたことで最終的には協力を決意します。Essiは長年、母親の死因を不審に思っていました。それに母の遺品であるUSBメモリーに保存されていた「X-Note」というパスワード付きファイルのことも・・・

作者が小野不由美氏の悪霊(ゴーストハント)シリーズから影響を受けたと公言しているように、本作にはそれと似た設定が何点か見られます。
たとえば本作のYuonと悪霊シリーズのナル(渋谷)の設定にはいくつかの共通点があり、超能力の描写にも悪霊シリーズを参考にしていると思われるところがあります。

ただ、似ているのはあくまで設定面であって、物語自体に共通点はありません。

○推理モノではない

あらすじを続けます。

Yuonの手引きでゼンに転入したEssiは、担任となった教師Aciaが母親の学生時代の後輩であり、また職場の同僚であったことを知ります。Essiは母親について尋ねますが、Aciaは知らないほうが良いこともある、自分には真実を話す勇気が無いと返します。只ならぬ様子にエッシは戸惑い、一体どんな真実が隠されているのかと思い悩みます。

その場面の台詞を引用します。

「パンドラの箱。人間はどうして箱を開けてしまったの。何もかも悪くなってしまうと分かっていても、結局、好奇心には勝てないのかな。(中略)私は臆病者だ。真実を知ったら、全てが一変してしまうかもしれない。そのことが怖い」
「どちらの方が大きい?真実を知った上での後悔と、真実を知らないことによる後悔は。」
「分からない。真実を知らないままだったら後悔すると思う。でも、答えを知った後も同じ気持ちでいられる自信は無い。」
・・・

こうした知ることへの恐怖は、形を変えてたびたび作中に現われ、エッシを悩ませることになります。

X-note オウル

しかし、Essiはいつまでも悩み続けるタイプではありません。しばらくは落ちこむのですが、すぐに気力を取り戻し、行動を再開するのです。そして一旦行動を始めると、必要な物が見つからないとか、事件の手がかりが無いとかいった実際の困難は簡単に突破してしまうのです。

本作において事件の解決を阻むのは、実物的な困難ではなく、Essiの心の困難そのものなのです。言い換えれば、論理よりも心情を重要視したシナリオなのです。ミステリーを名乗っていますが、推理モノを期待してはいけません。

再び、あらすじに戻ります。

Aciaの忠告を受けた翌日、事件が起こります。Aciaが学校の実験室で何者かに殺害されたのです。Aciaの死をきっかけに覚悟を決めたEssiは、一連の事件や自分と自分の母親の過去について真剣に調べ始めます。やがて「X」と呼ばれる謎の少年が一連の出来事に深く関連していることに気づきます。

○恋愛要素は希薄

少年X

事件の捜査と並行して進むのが、男性キャラクターとの交流です。攻略対象となるのは、あどけなさの残る少年Oure、学校一の情報通を自称する三枚目のAnon、Essiに殺人事件の捜査を依頼したYuonの3人です。

本作は「乙女ゲーム」という看板を掲げていますが、恋愛要素はそれほど濃くありません。Essiは常に過去や事件の探求に執心していて、異性のことは二の次三の次なのです。

Essiが相手を特別な人間だと意識し始めるのは、固有ルートに突入する頃になってから。それにしても恋愛といえるかどうかは怪しいところで、やはり一番の大事なのは事件や謎のことのようです。恋愛感情を明確に意識し始めるのはエンディング間近になってからです。

○プレイヤーはなにを望んでいるか、作者はなにを望んでいるか

X-note アノン

なぜここまで恋愛要素が薄くなったのでしょうか。その理由を推測してみましょう。
実は制作者の一人であるZeiva IncのMirage氏は兼ねてより、乙女ゲームの恋愛はくどすぎて苦手だ、といった旨の発言を度々繰り返していました。しかし、売れるためには乙女ゲームを作らなくてはならないとも(*)。

(*)こういった発言は現在は閲覧できない作者の日記に載っていました。

多くの人に受け入れられるような乙女ゲームを作ることを決めた。べたべたのロマンスは避けたい。けれども、恋愛要素は入れなくてはならない・・・こういった葛藤の産物が、この恋愛描写なのではないかと思います。

○クライマックス

紆余曲折を経て、EssiはX-noteのパスワードを特定することに成功します。ファイルにはゼン学園の学校長、Acia、失踪した研究者Loilらと共に、母親が超心理学を研究する施設で働いていたことが記されていました。そしてエッシ自身も幼少期にその研究所で生活していたことが判明します。その過去は攻略対象となる男性キャラクターの過去とも繋がり、徐々に物語の全貌が見え始めます。

この辺りで物語は固有ルートに突入し、やがてクライマックスを迎えます。しかし、ここから見せ場であるはずのクライマックスまでの展開はいずれも平凡です。

ロイル

最終的にはどのキャラクターのシナリオにおいても、事件の黒幕は失踪した研究員Loilだったことが分かります。Essiは学校の実験室に置いてある人体模型の裏に隠し扉があることを突き止めます。その扉は秘密の研究所に、かつて母親たちが働いていた超心理学研究施設に繋がっていました。そしてそこにはLoilの姿が。Loilは失踪したと見せかけ、学校の地下に潜伏していたのです。

Loilは世間の人々を「つまらないもの」だと見下し、その退屈さを紛らわせるために、超能力の素質を持つ子供の研究に没頭する狂人でした。そしてLoilが中心となって行っていた非人道的な研究が、すべての不幸の原因だったのです。

本作のキャラクターはあまりステレオタイプ的ではないのですが、このLoilだけは判で押したようなマッド・サイエンティストです。最後に対峙する宿敵としては使い古された感じがします。

そして最終的にはLoilはどこかへと逃亡、そのまま各エンディングに突入します。雲隠れしたままなので、消化不良であることは否めません。

○おわりに

終盤の展開はともかく、全体としては悪くないシナリオです。Essiの心情は終始繊細に描かれており、無理なく感情移入できます。X-noteに、少年X、過去に起きた事件などの謎が怒涛の勢いで明らかにされる過程も山場としては十分です。

ただ、舞台が学校とその周辺だけに限られていること、登場するキャラクターの過半数が知り合い同士であること、また3人以上の人物が同時に会話する場面がほとんどないことが合わさり、物語が小ぢんまりとしてしまっているのは残念です。
超心理学だとか、大企業/政府だとかいった言葉が出てきますが、結局は最初から最後まで内輪の因縁だった、という印象が拭えません。

―X-noteを考える ―システム―に続く。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > X-Note | Zeiva Inc > X-Noteを考える ―シナリオ―

検索
フィード
メタ情報

Return to page top