Shroud of Avatar アルファテスト2

stuck in the river

出られない!
なぜこんなことになってしまったのだ!

キャラクターを作成した私の前に広がっていたのは、地面には青々とした草が広がり、空にはちぎれた雲があちこちに漂う、見たことのない土地だった。
右手側には大平原が広がり、正面には巨大な門がそびえ立っている。
その後ろ側には街があるらしく、所々から赤い屋根が伸びているのが見えた。

中でも目を引いたのは、右手側を流れている川だった。
この中に入ったらどうなるだろうか、泳ぐシステムはあるのだろうか。
考えるよりも早く、私はその中に飛びこんでいた。

a buck

それから何分経ったのか。
私は延々と水の底を走り回っている。
ジャンプボタンを連打しても、傾斜の緩やかなところを登ろうとしても、水面から顔を出すことすらできない。
これはなんの罰なのか。

いや、よくよく考えてみれば当然である。
我々の生きるこの現実世界で、何の考えも無しに川へ飛び込んだらどうなるだろうか。
深さも、汚れも、流れの早さも調べずに、暑いからとか、気持ちよさそうだからとかいった理由で駆けこんでいったらどうなるだろうか。
川が穏やかなものであればいいが、そうでなければ怪我をしたり、溺れたりし、最悪の場合、そのまま死んでしまうだろう。

on the river

ロード・ブリティッシュはブリタニアで、現実に連なる数々の疑問を提示し、ゲームが娯楽や遊戯以上のものとなりうる可能性を示した。
彼の生み出した作品をプレイした者は、空想の世界であっても、欲に任せてはならないということ、節度を持って振舞わなければならないということを学んだはずである。
だのに、私はそういったことを忘れ、安直に水の中へと身を投げた!

これはアバタールとしての心を忘れてしまった私に対する、ロード・ブリティッシュからの警告だったのか?
だとすれば、この運命を受けいれるしかないのか?

いや、運命論を唱えるにはまだ早い。
これはゲームだ、MMOだ、アルファテストだ。
開発者がキャラクターのスタックを想定していないはずがない。
ならば、スタックから脱出する手段が設けられているのではないか。

soa chat

IRCチャットで尋ねたところ、/stuckコマンドを使うと良いと告げられた。
助かった!ありがとう、徳深き友よ!

soa stuck

キャラクターは川底をすり抜け、アビイスの底へと落ちていった。

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。