Home > OASE - Other Age Second Encounter | Zeiva Inc > Other Age Second Encounter プレイ日記 Part.3

Other Age Second Encounter プレイ日記 Part.3

oase artbook

このゲーム、実際のところ評判は悪い。
理不尽なミニゲーム、旧作のプレイを前提としているようなストーリー、時代遅れなシステム。
決して良いとは言えないゲームだということは実感している。

でも自分はこのゲームのことを面白いと思う。

最近はよく出来た面白いゲームが簡単に手に入るし、それはもちろん素晴らしいことだけど、
そういったものとは違った何かもあるんじゃないかと思う。ただの思い込みかもしれないけど!

それはともかく、第三回です。

映画 プルートとカロンを観て、二つの月を一つにしてあげたいと呟くチェナ。
ここで「虚構と現実を一緒にするな」とか無粋なことを言ってはいけないぜ。
夢見る少女のために、いざ情報収集だ!

oase chena's quest

港に行ってみると、「好きな人にラブレターを渡したいがどう書いていいか分からない」と話す男が。
自信が無いので読んでみて欲しい、とのことなので、読ませてもらうと確かに何とも言いがたい出来。

そんな男のラブレターに対し、容赦なく改善案を出す主人公。
男はラブレターを書き直すハメに。
結構酷いんじゃないか、これは。

そんな二人にブチぎれたやきもきしたチェナさんは「愛は言葉で簡単に表せるものじゃない」といった内容の説法を始める。
さすがは恋する乙女。
その対象が主人公じゃないってのが悲しいんだけどね。

ありがたい話に胸を打たれたらしく、男は「俺、ラブレターには頼らないよ!」と言い出す始末。
そして何故か不要になったラブレターの束をくれる。
こんなものどうしろと、代わりに捨てて来いということなんだろうか。

すると、「このラブレターを二つの月に届けよう」と言い始めるチェナ。
愛の力なら二つの月を一つにしてくれるはず!ということらしい。
100歩譲って理論には突っ込まないとしても、このラブレターだと逆効果だと思う。

まあ、愛に関してはチェナさんの方が詳しそうなので従っておこう。
港にある運送屋に依頼して魔法でラブレターを宇宙に送ってもらうことに。

紙束「だけ」を宇宙に送るなんて、JAXAの人が聞いたら卒倒しそうだ。

oase rainbow road

宇宙にデブリを増やしてしまった・・・とか思ってたけど、
なんと分かれていた二つの月が見事一つに!

うん、私が間違っていた。
ここは異世界、我々の常識が通用する場所ではない。
異世界には異世界の常識があるのだ・・・!

月を一つにした礼ということで、二人は雲の上にあるクラウドシティという観光地へと招待されることに。
さあ、いよいよ盛り上がってまいりました!(プレイヤーの心の中では)

続く


○関連記事
プレイ日記?
プレイ日記02


礼拝者B(Prayer B)

種族: 人間 男
仕事: ???
出典: Genetic Glow

今回登場したラブレター男。
地味すぎる役割だが、実はGenetic Glow Iからのゲスト。

そう、このゲームのモブキャラクターはただのモブではない。
彼らは皆、Zeiva Incの旧作に登場していたモブキャラなのだ!!
・・・本当の話です。

Jesse Express
出典:Jesse Express

black cat

世界を駆ける巨大運送会社。今のところ、出典元の作品が発見できない謎の存在である。
チョコマルという喋る黒猫(?)が受付を担当している。
今回はゴミラブレターを宇宙に送ってくれという要求を華麗に受け止めてくれた。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://gamelogsector.com/archives/373/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Other Age Second Encounter プレイ日記 Part.3 from 上から下まで

Home > OASE - Other Age Second Encounter | Zeiva Inc > Other Age Second Encounter プレイ日記 Part.3

検索
フィード
メタ情報

Return to page top