Zeiva Inc、Anicon (Animal Complex)の体験版を公開(その2)

○基本

本作はこれまでのZeiva作品と同じくFlashゲームです。解像度は「Voices from the Sea」から変わらず1000×750。Zeivaウェブサイトの記述によれば、現在開発しているという「Dragon Essence」(※)や「Train of Pastlife」も1000×750らしいので、今後しばらく新作はこの解像度で作っていくようです。見た目は良くなりましたが、動作は若干重くなっているので、古いパソコンやタブレットを使っている人は注意する必要があります。

※現在ダウンロードできる体験版はOASEやX-noteなどと同じ800×600です。

ゲームシステムは一般的なADVと概ね同じです。文章を読み進め、時折出てくる選択肢を選ぶ。基本はこれだけです。ミニゲームの存在はDemo版では確認できませんでした。

音楽と効果音はそれぞれオンオフを切り替えることができますが、音量は調整できません。キャラクターの音声はありません。

謂わゆるバックログのようなものはありません。読み進めた文章は上方向キー(↑)を押せば巻き戻すことができますが、巻き戻せる範囲はそれほど大きくないので(数個程度)、うっかり画面を二回クリックして文章を一つ読み飛ばしてしまった、というような状況以外ではあまり使い道はありません。

○見た目はかなり立派に
「随分見た目が華やかになったなあ」というのが起動して真っ先に抱いた印象です。舞台がサーカスであるという点を意識してのことでしょうか、外見が比較的質素だった前作や前々作に比べて、ボタン類も、背景も、ゲーム画面の外枠も、明るく豪華な作りになっているのです。また、まだDemo版なので数を比較することはできませんが、キャラクターの立ち絵の種類(差分)もかなり増えていて、一枚絵の挿入頻度も高くなっているように思います。

完成は今月中とのことなので、楽しみに待とうと思います。

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。