E-depth Angel

2015年5月のある日。

その日は退屈だったので、知り合いのウェブサイトやソーシャルネットワーク・サービスのリンクを手当たり次第に辿っていました。

サイトを10個ほど巡り終えた頃だったでしょうか、少し異質なサイトが目に止まりました。名は「Altabe Studio」。説明文によると、台湾出身米国在住の「Mayshing」という人物と、その友人らが漫画や絵を掲載しているサイトだそうです(*)。

(*)本文を記した後に届いた友人の指摘で、2011年にこのサイトを訪問し、漫画も読んでいたことが判明しました。何故かそのことが記憶から抜け落ちていました。

英語のサイトですが、絵は日本の漫画風。それもやや古風な画風です。興味が出てきたので、一番目立つところに告知が出ていた「E-Depth Angel」という漫画に目を通してみることにしました。

まずは第一話・・・うーん、イマイチ・・・二話目・・・なんだかよく分からない・・・三話目・・・おやっ、案外悪くない・・・五話・・・六話・・・

七話目を読み始める頃には、この漫画のことが少し気に入っていました。

ふとサイトの脇に目をやると、漫画の翻訳者を募集している、といった旨の告知がありました。

翻訳先はどんな言語でも歓迎、金銭的な報酬は無いが、翻訳を100ページ進めるごとに絵を一枚頼む権利を与える・・・(*)。

(*)この権利はまだ一度も行使できていません。

興味がふつふつと沸いてきました。実はその頃、以前から取り組んでいた別の漫画の翻訳(*)で行き詰まっていたので、新たに翻訳するものを増やすのは危険だったのですが、
「いっそのこと、他の翻訳で気を紛らわせれば良い打開策が出るかもしれない」と、半ば捨て鉢になってメールを送ることにしました。

(*)「Carciphona」のことです。

一週間後、諸々の説明事項と共に了承の返事が届きました。ノルマは一ヶ月最低10ページ。完成したページはpsd形式で保存して送れば、後は向こうでAltabe Studioのウェブサイトに公開してくれるとのことです。早速、翻訳に着手することにしました・・・
************************

・・・ということで去年の5月頃から「E-depth Angel」という漫画の翻訳に取り組んでいたのですが、今日になってそのことをこのブログで報告していなかったことに気が付きました。

既に日本語版は第5話まで完成しています。宜しければご覧ください。

私の作成した日本語訳は公式サイトまたはnote(*)で閲覧できます。公式サイトに掲載している日本語版が作者にアップロードしてもらったものなのに対して、noteで閲覧できる日本語版はonigiが作者から許可を得た上で直接アップロードし管理しているものです。

(*)写真、文章、イラスト、漫画、音楽など、様々な創作物を発信できるサイト。

両者の内容は概ね同じですか、異なる点が二つあります。第一に、公式サイト版では現時点で第4話の途中までしか読むことができません。第二に、note版では修正済みの誤訳が公式サイト版には残っています(公式サイト版は作者にアップロードを頼まなければ修正できないので、差し替えに時間がかかるのです)。これから「E-depth Angel」の日本語翻訳版をお読みになる方は、できればnote版をご覧ください。

なお、この記事の前半部分は、noteに投稿した「翻訳漫画「E-Depth Angel」の翻訳版と訳者について」という文章の一部を引用、修正したものです。

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。