流星に願いをこめて ミサイルの降る星 紹介と感想

ミサイルの降る星 タイトル

防衛戦っていいよな!!
その状況が危機的であれば危機的なほど、不利であれば不利であるほど舞台としての輝きが増す。

「ミサイルの降る星」は荒廃した星をミサイルから護り続ける少女型ロボットを主人公としたマップクリア式のSTGである。
製作は様々なブラウザゲームを公開しているGame Cradle。前に紹介した実験惑星Xを製作されたグループでもある。

・ゲーム紹介

マップの開始直後、上空から無数のミサイルが落ちてくる。
プレイヤーはこれを地表に激突させないように頑張らなければならない。

ミサイルがマップ下部の地表に達すると、惑星の耐久力が低下してしまう。
これが尽きるとゲームオーバーだ。
耐久力はマップをクリアしても引き継がれるため、小さなミスも後まで残ってしまう。

ミサイルの降る星 バトル

操作キャラの主な攻撃手段は、射程内の対象を自動で射撃してくれるレーザーである。
プレイヤーの役目は弾を撃つことではなく、キャラを適切に射撃できるような位置に移動させることだ。

ジャンルは「シューティング」となっているものの、実際の感覚はあまりそれっぽくない。
どちらかと言うとアクションかパズルに近いかもしれない。

ミサイルの降る星 フラッシュ

ただし、手動で使える、体力を消耗して周辺のミサイル全てを破壊する”フラッシュ”と呼ばれる攻撃も存在する。
多くのミサイルに囲まれたときなどに使えるだろう。

さて、この二つの攻撃手段でミサイルを掃除していくわけだが・・・
ミサイルは多い、多すぎる。
普通に戦っていてはとても間に合わない。

ミサイルの降る星 コントロールミサイル

そこで鍵になるのが通常のミサイルに混じって落ちてくる「コントロールミサイル」だ。
これを破壊できれば、そのエリアのミサイル全て消滅させられるのだ。
(ミサイルは無作為に落ちてくるのではなく、100-200機で纏まり、エリアを構成しながら落ちてくる。)

ミサイルの降る星 ストーリー

ストーリーはマップをクリアするごとに展開される。
なぜミサイルは降ってくるのか、なぜ彼女はこんな星を守り続けているのか。
それほど驚きのある内容ではないが、なかなか切ないストーリーである。

・感想

グラフィックや演出、サウンドは質素だ。
しかし、圧倒的なミサイルの群れと地表激突までの制限時間は「後がない守り」の空気をしっかりかもし出している。

また、最終面に進むには特定の条件を満たさなくてはならず、少し頭を使わなくてはならないのは面白い。
ただ戦うだけではなく、こういった障害を突破できたときは気持ちがいいものだ。

気になるところを挙げるとすれば、最初のハードルが高いところだろうか。
あまり一般的でないシステムにもかかわらず、序盤でも基本が理解できていないと死ぬので、意味不明のまま諦めてしまう人とも多そうだ。
(マニュアルは必読である)

BGMが無いのは・・・まあこれはこれで張り詰めた雰囲気を作り出していたのでそんなに悪くはなかったと思う。
(ミサイル接近時の警報音は無音のおかげでむしろ引き立っていた。)

華やかではないし、人をグっと引き寄せるような強いチャームポイントもない。
しかし、古き良きアーケードゲームのような、素朴だが芯があるゲームだった。


○外部リンク
Game Cradle
○関連記事
ミサイルの降る星 攻略
始まりの惑星(実験惑星Xの紹介と感想)
不死の男(Immortal Defense感想)


・EX版の紹介

ミサイルの降る星 EX タイトル

本作には新たなマップを追加したEX版というものが存在する。
せっかくなのでこれについての紹介も簡単に行っておこう。

EXでは、マップサイズがオリジナル版よりもかなり大きくなり、それに伴って自機の速度が増加していた。
その一方で、襲来するミサイルの数も大幅に増加しており、全体的な難易度は高まっている。
その結果、自由に戦っていても何とかなったオリジナルとは違い、行動を最適化しなければクリアすることはできないようになった。
よりパズル的な傾向に傾いた感じだろうか。

また、フラッシュ攻撃のチャージ時間が短縮され、レーザーと並ぶくらい「使える」攻撃手段となった。
戦いの選択肢は本編より増えている。

最も重要なのは、アイテムによって出現する「援護ポッド」の最大装備可能が増加したことだ。
無印ではかなり地味だったポッドだが、ミサイルが山ほど降ってくるEXでは必要不可欠な存在となっている。

・EX版の感想

ミサイルの降る星 EX 戦闘

いくつかの変更点はあるものの、ゲーム性はほぼ同じである。
難易度が上がったことを除けば!(画像を見てほしい。1面で既に無印の最終面並だ)

ただ、EX版で新たに生じている問題もあった。
運要素だ。

ミサイルの数が増加したEXでは、ポッドの価値が大きく上がっている。
いや、クリアには必要不可欠と言っていいかもしれない。

しかしながら、ポッド追加アイテムの出現は運次第。
いくら行動を整えても、これが出現してくれなければどうしようもない。
無印ではポッドの価値が低かったのでそれほど問題なかったのだが・・・

これだけならまだいい。
苦しいのは回収すると全てのポッドが消滅してしまうダメージアイテムだ。

敵が無数に出現し、爆風エフェクトで画面が溢れるEX版ではアイテムの出現位置を予測しづらい。
気がつかないうちにアイテムを拾っていることもしばしば。
そして、そのアイテムがダメージアイテムだったら・・・

ほとんど予測できないミスで全てが無駄になってしまうのはあまり嬉しくない。

と、色々書いたものの、新マップは確かに攻略しがいがあったし、シナリオもなかなか楽しめた。
(本編以上の事件は無かったのが少し残念だったが)
無印が気に入った人であれば、購入しても満足できるだろう。

ミサイルの降る星 ゴミ箱に貼ったシール

ミサイルの降る星 シール用紙

ちなみにEX版にはおまけとしてゴミ分別シールがついてくる。
良いです。


コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。