サボテン

こんにちは!
今日はサボテンの話をしよう!
そう、棘が生えたあの寸胴な植物のことだ。

なんでいきなりサボテンの話をするんだって?
いや、気にしないでほしい。

・・・サボテンというものは細胞分裂によって年々大きくなる。
また、生命力が強いため、身体の一部を切り取って地面に植えると、そのまま根付いて増えるのだ。
(挿し木に近い)

もう少し言えば、切り取らなくても勝手に千切れて増える。
稀に物凄い数のサボテンが群生しているのは、こういうことだったのである。

だがしかし、この方法で増やしたサボテンは、種から発生させたものより寿命が短いという説がある。
それが本当なら、サボテンが地表を覆いつくすことはなさそうだが・・・
テロメアの限界、あるいは細胞分裂のバグが原因なのだろうか。

いや、まあ、今日、飼っているサボテンの植え替えをしようと、久々に土から抜いたわけだ。
そしたら、なんというか。

サボテン

頭が二つになっているのはいいとしよう。
ただ、根元から小さいサボテンがエイリアンの巣のごとく生じ始めてるのはなかなか不気味である。

いったいどこで道を間違えてしまったのか。
ペット(?)は飼い主に似るという俗説は本当だったのか。

オチはない。
(次はちゃんとゲームの記事です)

2コメント

 Add your comment
  1. 下仁田ネギ

    はじめまして。
    サボテンの生命力には驚かされますねー
    盆栽のようであり、それ以上に奔放のようでもあり、
    なんとなく維持が簡単そうなイメージがあるので、つい育てたくなってしまいます。

    このサボテンは何年ものくらいなんですか?

  2. 本当です。この力強さは私も見習いたいです。
    何年ものかは分かりませんが、買って10年くらいだと記憶しております。

    下仁田ネギさんも、機会があれば是非育ててみてください!
    結構簡単で良いですよ!

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。