Home > 雑記

雑記 Archive

やぎくんへ

やぎくんへ。この前はすまなかった。もし見ていたら連絡してほしい。

やっちまった!

久しぶりにブログを更新!と思ったのですが、誤って画像フォルダを削除してしまい、全記事から画像が消滅してしまいました…
なんとか復元できました。

いきなりとんでもない失敗をしてしまいましたが、またぼちぼちブログを更新していこうと思います。またよろしくお願いします。

動物になって散歩 Meadow

友人に誘われて「Meadow」というオンラインゲームを始めました。動物になって自然の中を散策するだけゲームです。

このゲームには戦闘もレベルも装備もありません。できることは走ることとジャンプすることと鳴き声を上げることくらいです。チャット機能も無いため、他プレイヤーとの意思の疎通には絵文字を用います。

唯一ゲームらしい点として「Essence」集めがあります。「Essence」はあちこちにある特別な花や宝石を集めたり、木の実を食べたりすると増えていき、規定量集めると操作できる動物や絵文字の種類が増えていきます。しかし、これも別にやらなくてはならないということはありません。

夢中になれるくらい面白い!と思うことはありませんが、他のプレイヤーと一緒に自然を駆けまわっているとなんだか気が安らぎます。

夜のロボット 第一話 英語版

https://sites.google.com/site/spoonmangaexhibition/
「夜のロボット」を始めとして、様々な漫画を制作なさっている匙田良平さんのウェブサイトで、「夜のロボット」の英語版の第一話が閲覧できるようになりました。Onigiが匙田さんにお願いして翻訳させてもらったものです。
誤字・脱字や翻訳に関するご意見などありましたら、onigiまでご連絡くだされば幸甚です。

翻訳関係の近況

Carciphona日本語訳
先日触れたように、第1巻から3巻(第1話~9話)までを再翻訳しています(*)。既に翻訳自体は粗方終わり、今は校正に取り組んでいます。一人でやっているので、公開にはまだしばらく時間がかかりそうです。

(*)現在、上記のウェブサイトで閲覧できる日本語版の第1巻、第2巻、3巻(*)には夥(おびただ)しい量の誤訳・誤記が存在します。これから「Carciphona」の日本語版を読み始めようとお考えになっている方は、申し訳ないのですが、修正作業が終わるまでお待ちください。

翻訳が一段落したら、次は訳注を作ります。この漫画は吹き出しがとても狭いので、枠に収まるよう意味を削ったり変えたりしなくてはならなかった部分が多々あります。そういった過程で欠損した情報を補うためです。

Sins of a Solar Empire: Rebellionの日本語化Mod再翻訳
気が向いたときにだけ作業を続けています。「もう五年も前のゲームなのに、今になって翻訳をやり直す意味はあるのだろうか」という不安があり、続けるかどうか迷っています。

Immortal Defense
誤訳の修正は牛歩の如くではあるものの進んでいます。ただ、一つ想定していなかった問題が起こりました。

作者であるRinkuheroさんから半年ほど前に聞いた話によると、「Immortal Defense」の制作に使った「Game Maker」というソフトにアップデートがあってソフトの仕様が変わり「Immortal Defense」のファイルが読みこめなくなってしまったそうなのです。作者が「Immortal Defense」を制作したのは2006年。もう10年前も前です(*)。当時の「Game Maker」と今日の「Game Maker」では、もう随分バージョンが違うはずです。互換性問題でも出たのでしょうか。

(*)バージョン1.1やSteam版を開発する際にプログラミング・コードをかなり修正したそうなので、正確には中身まるごと10年前のまま、というわけではありません。

作者は現在、この問題を解決しようと頑張っているようです。解決できなかった場合、誤訳の修正を終えてもゲームには反映させられないかもしれません(*)。そうなったときは・・・仕方が無いので、修正した文章をこのブログに丸ごと掲載しようと思います。

2016年11月07日0時47分追記:この問題は解決できたそうです。

(*)このゲームの文章の大部分は「ImmortalDefense」ディレクトリ内にあるテキストファイルに入っています。例えば、ポイントの台詞は「ImmortalDefense\sdefense」に、説明書の文章は「ImmortalDefense\data\manual」内のファイル群に、記述ファイルがあります。こういった文章なら、ファイルを個別に修正して配布することが可能です。問題はソースコードに直接記述してある文章で、この類の文章は「Game Maker」で「Immortal Defense」のファイルを読みこめない限り編集できません。

カテゴリー整理中

最近、ブログの右手側に配置してあるカテゴリーを整理しています。宇宙・地上という分類はあまりにも漠然とし過ぎていて分かりにくいと反省し、これからは一体どんな話題を扱っているブログなのか初めてブログを訪問してくれた人にも分かるよう、各々の作品や開発グループや開発会社ごとにカテゴリを作ることにしました。

しかし、数年前の記事を一通り読み直してみて、夥(おびただ)しい量の文法間違いに恥ずかしくなってしまいました。整理に並行して、できるだけ誤りを修正していこうと思います。

ウェブ漫画紹介 「連星」

○連星

地球から遠く離れたどこかにある、恒星が三つもある不思議な恒星系で事故が起こりました。乗組員一人を乗せた小型の作業船が遭難してしまったのです。

乗組員は生還する方法を見つけようと必死にもがきますが、良い策は見つからず、焦る気持ちばかりが募ります。

ふと気がつくと、目の前に自分に瓜二つの人間が現われていました。乗組員はそのもう一人の自分を幻だと決めつけて、作業に集中しようとしますが、努力とは裏腹に状況はどんどん悪化していきます。そして事態が悪化するにつれ、当初は一人だけだったもう一人の自分は二人、三人と次々に増えて行き、ついには船内が自分で一杯になってしまいます・・・

○本題
上記したのは、匙田洋平という方が開設している「Spoon manga exhibition」というウェブサイトで閲覧できる「連星」という短編漫画の冒頭部分のあらすじです。

2016年8月13日時点で、このウェブサイトには匙田さんの漫画が合計9作載っています。それうち8作は短編で、残りの1作は現在進行中の「夜のロボット」という不思議な長編漫画です。

との漫画も面白いのですが、短編漫画の中で一番気に入っているのは、このSF漫画「連星」です。

SFだから・・・というのも理由の一つですが、それだけではありません。ただ、その他の理由を述べるにはネタ晴らしをしなければならないので、本記事ではそこまで深入りしないでおきます。

この漫画のことを知ったのは去年の十月頃だったと記憶していますが、今でもたまに読みたくなります。

ホーム > 雑記

検索
フィード
メタ情報

Return to page top