Home > 雑記

雑記 Archive

Gratuitous Space BattlesTribes感想

これはPCゲーム Gratuitous Space Battlesの拡張版に関する記事です。
オリジナル版の記事はこちら

Gratuitous Space Battle(GBS)の発売から一ヶ月。ついにDLCが発売されました。
これはその名の通り、Tribesという新種族を追加するDLCです。

全文を読む

ひとの命が終わるとも(KILLZVALD)体験版紹介

かつては活気があった国産PCゲーム市場も停滞して久しく、大手のメーカーでさえ新作をリリースするのは厳しい状況だ。
そんな中、‘Studio GIW’はZombie Vital-ゾンビバイタル-やVAZIAL SAGA-ヴァジアルサーガ-などのゲームを開発し、
活動を続けている希少なメーカーの一つである。

09年12月。そのStudio GiWから新作RPG‘KILLZVALD(キルツヴァルド)~最後の人間~’が発売される。
迷宮を探索して敵を打ち倒すという伝統的な内容だが、かつてのRPGのような手ごわさを踏襲した上でシミュレーションのような要素を加えたゲームだ。
今回は、そんなKILLZVALDの体験版を遊んでみたので紹介することにしよう!

全文を読む

誰がために宇宙戦争(Gratuitous Space Battles感想)

とあるところでGratuitous Space Battlesという完全2Dの宇宙戦略ゲームを知り、気になったので購入して遊んでみた。
すると見た目からは全く予想できないくらい刺激あるゲームだった。
欠点がないという訳ではないのだが、それを忘れるほど面白さにすっかり魅了されてしまったので紹介を書いてみることにした。
youtube版

全文を読む

Nexus:The Jupiter Incidentレビュー

小さい頃に見た宇宙戦艦ヤマトが原因なのだろう。
宇宙を舞台にした船を動かせるゲームというだけで特別な思い入れを抱いてしまう。
ということで今回は数年前に発売された宇宙を舞台にしたゲームのことを書こう。

Nexus logo

全文を読む

Sword of The Stars!!

また宇宙ストラテジーである。
きっと次回もそうなのだろう。

Sword of The Stars retaile art

Sword of The StarsはKerberos Productionsによって開発され、06年に発売された宇宙4Xストラテジーゲームである。
ここはHomeworld:Cataclysmを製作したBarking Dog Studiosのメンバーが設立したメーカーであり、Homeworldシリーズのシナリオライターも所属している。
しかし、同じ宇宙物とは言え、このゲームはHomeworldシリーズとはまったく違った内容である。

プレイヤーは特性が異なる4つの種族(拡張を含めると6)から1つを選んでその勢力を広げ、敵対する種族との戦略に打ち勝たなくてはならない。
現在3本の拡張版が発売中だが、今回はオリジナルのSword of The Stars(以後無印)の要素だけを紹介しよう。

全文を読む

UOで見かけるNPC本棚の書き込める本

Ultima Online's strange book

😀
稀に面白い本があるから探してしまう。

いつの日記か忘れた

ログインしてすぐに北京原人ダンジョン(命名 mie様)へ
最近街中で配布されているBOT newsによると
このダンジョンにはBOTが出現するらしい。
今回は確認できず普通の狩りに。

ヘイブンに戻ってなぜか駐在テイマーのResQ氏の隣に並ぶことに
しばらくするとResQ氏が
「世の中が暗いので照らしてるんです」と話す。
今まで一言も喋ったことを見たことがないのでビックリでした。
松明

適度に照らした後にブリ銀へ移動すると伝説のテイマーmie様を発見
言動もスタイルもいつも通り素晴らしかった。
WS000004.png

ここでニラ先生が白鎧をファイアに染めて装備してはどうかと提案
しかしステータス不足で装備できないことに気が付き断念し先生が悔やむ。

その後づんの副業ショップを発見したり
先生が偶然見つけた他人の家の掲示板に歓迎の挨拶を書き込んでいました。
いらっしゃいませ

ホーム > 雑記

検索
フィード
メタ情報

Return to page top