Home > 雑記

雑記 Archive

Sake Visual の新作、Backstage Pass のベータ版 その1

英語圏の日本風ADV※1が、気絶しそうになるくらいの勢いで Kickstarterに 提出され、検品用ベルトコンベアの上を流れる機械部品のように GreenLight を通過している昨今だが、そのコミュニティと市場は相変わらず※2小さい。

コミュニティそのものが小さいので、当然ながら制作の規模も小さい。
日本におけるゲーム制作サークルの大部分がそうであるように、イラストレイター/ライター/プログラマーを一人が兼任しているグループは珍しくなく、フルボイスなど夢のまた夢。
せめて華を添えたいと、テーマソングの制作を依頼するために、銀行口座からお金をひねり出すかどうかを悩むのが精一杯である。
ゲーム制作は、多くの人々にとっては平坦な道のりではないという実情は、日本と変わらないようである。

ただ、このジャンルに限って言えば、大きな違いが一つある。
英語圏の日本風ゲームコミュニティには、皆が親しんでいるゲーム、皆が名作と呼ぶようなゲームは、恐らくは一作も無いということである。
あるとすれば、それは日本の大作を翻訳、移植したものだけである。

以上の事を念頭に置いて、このゲーム、Backstage Pass について考えると、その異質さが際立って見える。
整った絵、オリジナルのオープニング/エンディングソング、楽曲、フルボイス……そして、日本のアニメ制作会社『スタジオディーン』に発注したアニメーション。

制作は”SakeVisual“。
声優/イラストレイター/ライターとして活躍している Ayu Sakata さんが中心となって結成された、創作グループだ。
英語圏の日本風ADV(この呼称は長すぎる。 良い呼び方を考えよう!)に興味がある人なら、所属メンバーである Dejiさんや tooayaさんの絵を何度か見たことあるかもしれない。

backstage pass playing screen

このゲームの発表の知らせは、私にとっても寝耳に水であった。
気がかりな事を一つ挙げるとすれば、それは本作が乙女ゲームだということではなく、これまでにプレイした SakeVisual 関係のゲームは、公には褒められないモノであったということである。
とはいえ、SakeVisual 関係のゲームを最後にプレイしたのは、もう3年も前だ。人間は3年も経てば変わるので、人間が作るものも大変化するものである。
SakeVisual の今のゲームがどうなっているか、それを確かめなくてはならないだろう。

前置きが長くなったので、いったんここで区切ろう。
次回は本題、ベータ版の紹介と感想をお伝えする。

続く(続くと宣言して続かなかった記事は何本あるだろうか?)


※1
便乗上、私は「英語圏の日本風ADV」という言葉を、アドベンチャー以外のゲーム、たとえばノベルゲームやデートシミュや育成ゲームを含むものとして使っている。
ADVが特別多いわけではないので、本当はこう表記はしたくないのだが、他の言葉が考え付かないのである。
アイディアを求む!

※2
あくまで英語圏の話。私自身は詳しく知らないのだが、中国や韓国ではかなり事情が異なるようだ。

最近は、スペイン語圏、アラビア語圏でも面白い動きがあるという噂を耳にする。
このジャンルの動きは日本語/英語だけではとても把握できないと痛感している。

Shroud of Avatar R6 Part.1

Shroud of Avatar front of Moongate

Shroud of Avatar の Release 6 (6度目の投資者向けアルファテスト) が始まった。

今回のテストにおける最も大きな変更点は、映像と演出の全体的な強化である。
本作のグラフィックは、以前のテスト時には、12年前のゲームだと言われても信じられるくらいだったが、今回のアップデートでは、設定を最高にすれば、5年前のものとしては悪くないという程度まで高まった。

ただ、私の使っているPCはスペックが低く、グラフィック設定を上げると重いので、普段は設定を中程度まで落としてプレイしている。
今回使用しているスクリーンショットも、その設定で撮影したものである。

a floating head

ログイン直後に表示されたのは、自分のキャラクターの生首であった。
これは読みこみの不具合だろうか、あるいは前回、地の底に落ちていった私のキャラクターの呪いだろうか。

talk to michael

まずは街へ繋がる橋の守衛と会話する。
多くのRPGと同じように、街の住民 (NPC) との会話から様々な情報を得ることができるのだが、そのシステムは、最近のゲームとしてはやや変わっている。
古いADVやUltima4-6、そして初期のUOのように、プレイヤーが実際に単語を (チャット欄から) 入力するのである。
たとえば、”Hi” “Hello”と入力すれば、相手も挨拶を返してくるし、”What’s your name”と訪ねれば名前を教えてくれる。
(毎回単語を入力するのが面倒なら、チャットウィンドウに表示される特定の単語を選択することで会話を進めることもできる。)

守衛への挨拶が済んだので、街の工房で生産を試してみることにした。
だが、この生産システムがなかなか曲者であった。

まずは短剣 (作るのが簡単そうだし) を作ろうと思ったのだが、これを作るには以下の材料が必要だった。

・石炭をひと塊
・剣の柄
・短剣の刃
・鍛冶用金づち

剣の柄を作るには、鉄のインゴットと、石炭、金づちが必要である。
刃を作るには、刃の芯が必要である。
刃を作るために必要な刃の芯を作るには、棒状の鉄、刃の型が必要である。
棒状の鉄を作るには……。

made a dagger

……ついに短剣が完成した!
説明しても面白くないので省略したが、なかなかの手間がかかった。

完成した武器は、やはり自分で試してみたいものである。
早速、近くに出かけてみることにした。

続く

パラサイト・ギャラクシー

白い髪をした魔女との遭遇以来、私の日々の楽しみに、英語圏のウェブマンガを捜したり読んだりすることが加わりました。
それから二年、あちこちで迷ったり行き倒れたりした甲斐もあり、私はいくつかの変わった漫画に巡りあうことができました。
今回はその一つを紹介したいと思います。

parasite galaxy chapter 1

ハンバーガーに挟まれていたのは、人間の頭とヘビの体を持ったキメラだった!
この奇妙な怪物、自称 異世界から来た魔法少女(Magical Girl)は、へび子(HEBIKO)と名乗り、ハンバーガーの持ち主であるマット青年に、自分の使い魔となり、世界の救済を手伝うよう命じる。
マットは拒否して逃げ出すが、その過程でマフィア(YAKUZA)の取引現場に行き着いてしまい、口封じのために監禁されてしまう。
トウキョウ湾に沈殿する時が迫ったマット。その前に颯爽と現れたのは、愛と正義の魔法少女ヘビ子。
魔法少女殿はマフィアたちを尻尾の刃で切り伏せ、口から吐いた毒で溶かし、幹部である日本刀使いのサムライ(SAMURAI)をも悠々と血の池に沈める。

こうして命を救われたマットでしたが、これは同時に彼の人生を一変してしまったことを意味していた。
マットとへび子、人と蛇、魔法少女と使い魔、二人の行く末は…

行く末は…

……どうなるんでしょう。
それは私にも分かりません。分かるはずがありません。
なにせ連載はここまでしか進んでいないのです!

さて、この漫画”Parasite Galaxy“は一年と少し前から公開されているウェブ漫画です。

あらましを一行でまとめてしまえば、冴えない青年が不思議な少女と出会い、それが切欠となって様々な事件に巻き込まれていくというものになるでしょう。
我ら人間文明が誕生してから幾度となく繰りかえされた美しき様式です!
ただ、その舞台が日本に似た奇妙な近未来国家「ワパン帝国(Imperial Wapan)」であるという点を除けばですが。

parasite galaxy hebiko eatting cake

この作品で最も目立つのは、笑いたいときは笑い、泣きたいときは泣き、食べたいときは食べ、殺したいときは殺すという、
動物や幼児が持っているような素晴らしい倫理と理念を備えたヒロイン、へび子の突飛な振る舞いでしょう。
メイド喫茶のオムライスも卵が無ければ作れないように、彼女がいなければこの物語は成り立ちません。

確かに彼女は可愛らしい(?)のですが、私が本当に注目してほしいのは、端々に描かれる奇妙な日本…、いやワパンの様子です。
これから漫画を読み始める方は、街に漂うコスプレ少女、ロボット、建物を見逃さないでください。
日本に住む我々は、この異様な鏡の写しの日本をどう受け止めるべきなのでしょうか?
この漫画を紹介した本当の理由はここにあるのです。

なにはともあれ、是非ご覧ください。
十ヶ月後でも二年後でも構いません。いやむしろ、遅ければ遅いほど良いでしょう。
ですが、見た目で判断してはいけないこともあるはずです。


○外部リンク
Parasite Galaxy公式サイト
日本時間で(火)(金)更新。


補足:ワパン帝国について
ワパン(Wapan)とは、狂信的なまでに日本に憧れる人間を指す蔑称ワパニーズ(Wapanese)から派生した言葉です。
明確な定義のない俗語ですが、少なくとも漫画の作者は、ワパニーズたちが夢見る理想郷としての日本、現実にはない日本として捉えているようです。
(そういえば、OtherAge:Second Encounterに登場したZeiva帝国も日本のパロディでしたね。)

相当なアニメ好きである原作者が、なぜこんな命名を行ったのか。
その理由を考えながら観察するのも面白いかもしれません。

翻訳の記録

○2014 09/26
ニコニコ動画にLLTQの動画を公開されている方が日本語化MODを公開なさったので、ここで紹介いたします。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24048960

OnigiによるLLTQ翻訳作業は、打ち切りとします。協力してくださった方々、申し訳ありません。

Ren’Py 10周年

Ren’Py誕生10周年おめでとう!
現世をさまよう、全コミュニティの未来が輝かしいものでありますように!

10年前の2004年の2月6日(米国時間で5日)、Lemma Softのフォーラムで、あるADVエンジンのテスト版がリリースされた。
そのエンジン、Ren’Pyは以来アップデートを重ね続け、今日では英語圏で最も知られたADVエンジンとなった。
かたわ少女も、Bionic Heartも、Fading Heartsも、Date Warpも、Analogueも、Ren’Pyエンジンを使用したゲームであった。

このエンジンがコミュニティにおいてどんな役割を担ったか、それは私には分からない。
ただ、私がRen’Pyの存在を知ってから今日までの4年間、このエンジンの名を見かけなかった日は400日もなかったということは断言できる。

Ren’Pyの10歳の誕生日!と言ったものの、実のところ、国内におけるRen’Pyの知名度はそれほど高くない。
そもそも英語圏のADVやVLの存在すら、いくつかの数タイトルを除けば、ほぼ周知されていないのが現状だ。
そこで今日は、英語圏の日本風ADV/VLゲームの情報を得る方法を紹介してみることにした!

さて、英語圏の日本風のADV/VLのコミュニティは非常に小さい。
著名な情報サイトだけを見ていても、捕らえることができるのは有名なタイトルばかりで、それもやや鮮度が落ちていることが多い。
より素早く、目新しい情報を掴みたいのであれば、もっとピンポイントにダイブしなくてはならない。

Lemma Soft Forum
2003年、ここは当初、日本風ADV/VN(以下、単にADVと表記)制作者、Scott Kingさんのゲーム公開サイトだった。
サイトで公開されていたのは”Tales of Lemma“という短編ADV一作だけだったが、サイトに併設されていたフォーラムにはADV愛好者たちが集い始め、2008年頃には英語圏最大級のADVのコミュニティサイトとしての地位を確立した。
(なお、Scottさんは後に“Shoujo Attack!“という作品もリリースしており、現在もこのフォーラムで活動を続けられている。)

このフォーラムでは日々、開発者らは、完成したゲームの発表をしたり、互いに意見交換をしたり、制作メンバーを募集したりし、ユーザーらはプレイしたゲームの感想を書いたり、新作の情報を教えあったりしている。
インディーゲームコミュニティにおけるTIG Sourceのようなものだと考えてもらえばいい。

これ以上、情報集めに適したサイトがあるだろうか!
ここを観察していれば、英語圏のADVの50~60%はカバーできるといっていいだろう。
だが、問題もある。この巨大なフォーラムを読み続けるのはとても大変なのだ。
そうでなくても、生の情報を消化するのは難しい。ちょっとは火の通した情報も読まなければ、頭を下してしまう。

Ren’Py Games List
ここはRen’Pyのオフィシャルサイト内にある、Ren’Py製フリーゲームをまとめたページである。
更新頻度は高くないが、数年以上前に公開されたゲームの情報も集められるので、一見する価値はある。
すぐに分かるように、習作、傑作、二次創作、パクリ、糞ゲー、ネタゲーが入り混じった玉石混合のリストだ。
注意深く探索しなければ、たちまち神経のヒューズが飛び、正気を失ってしまう。

Indiedb.com
みんなが愛するModDBの分身だが、ここでプロジェクトを発表しているADV開発者も少なからずいる。
もちろん、ここはADVだけを扱っているサイトではない。
Ren’Pyで制作されたゲームなら”Ren’Py”タグで検索するだけでいいが、あらゆるゲームがRen’Pyで作られているわけではない。
他のゲーム情報は様々な検索ワードを打ちこんで牽引しなくてはいけない。

DeviantART
英語圏に君臨するていこ…いや、創作コミュニティサイトで、多くのイラストレイターが参加している。
多くのイラストレイターがいるということは…、そう、イラストレイターが関わっているゲームの情報も流れているということである!
欠点としては、ゲームに関わる情報の割合は、サイト全体を地球だとすれば、地中海ほどもないので、効率は非常に悪いという点である。
あちこちに佇む美しい/かわいいイラストに魅了され、本来を目的地を見失って座礁してしまう危険性もある。

○その他色々
個々のゲームのフォーラム、ブログ、Twitter、Facebookなど、こういった場所にも情報は眠っている。
ただ、とにかくノイズが多いので、狙った情報だけを抽出するのは難しい。
最悪の場合、情報の渦巻きに飲み込まれてしまい、二度と戻ってこられなくなってしまう。

以上である。
なんにせよ、情報集めもがいいが、それに没頭しすぎてはいけない!
(私の自省である。私は何度も道に迷い、数え切れない時間を無駄にしてしまった!)
大事なのはゲームをプレイして楽しむことだ!

改めて、おめでとう!

Shroud of Avatar アルファテスト2

stuck in the river

出られない!
なぜこんなことになってしまったのだ!

キャラクターを作成した私の前に広がっていたのは、地面には青々とした草が広がり、空にはちぎれた雲があちこちに漂う、見たことのない土地だった。
右手側には大平原が広がり、正面には巨大な門がそびえ立っている。
その後ろ側には街があるらしく、所々から赤い屋根が伸びているのが見えた。

中でも目を引いたのは、右手側を流れている川だった。
この中に入ったらどうなるだろうか、泳ぐシステムはあるのだろうか。
考えるよりも早く、私はその中に飛びこんでいた。

全文を読む

プリンセスメーカー2のお話 -Princess maker 2 History- (完成!!)

この記事には以前、SoftEgg社のウェブサイトで閲覧できる、北米版プリンセスメーカー2に関する文章の拙訳を掲載していましたが、今は諸事情により公開を中止しています。興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

ホーム > 雑記

検索
フィード
メタ情報

Return to page top