Home > Zeiva Inc > Voices from the Sea

Voices from the Sea Archive

VOICES FROM THE SEA リリース

9月23日、Zeiva Incの新作”Voices from the Sea”が公開されました。現在、公式サイトにて無償版をプレイ可能です。

本作のあらすじは、学校では同級生と馴染めず、家庭では母親と対立する13歳の少年 Cantus が、海辺で不思議な少女 Maris との出会い、彼女との7日間の交流を通じて徐々に心を開いていくというものです。本作の大部分は、Cantus と Maris のほとんど雑談といってもいいような会話で占められており、作中、何か大きな事件が起こることはありません。やることといえば、砂の城を作ったり、貝殻を拾ったりするくらいです。唯一の謎といえば、Maris の正体くらいですが、これは序盤で明らかにされる情報だけで推測できます。また、内気な少年と突然現れた少女という構図はそう珍しくありませんし、それに加えて、常識外れの純粋無垢な少女という Maris の造形は少しばかり紋切り型です。

しかしながら、つまらないゲームだというわけではありません。思うに、本作の見所は、物語の筋にではなく、むしろその間の過程にあります。一見すると無意味な二人の交流ですが、よく注目してみると、 Cantus の心境に関しては一貫して丁寧に描かれていることが分かります。特に1日の終わり際の場面、毎回 Maris との会話で始まり、Cantusの独白で閉じられるこのシーンには、なかなかの工夫がこらされています。ただこれらも、全体を通して見た場合は、やはり没個性的であることは否定できません。

厳しく書いてきましたが、Zeiva ファンとしては擁護しておかなければならない点もあります。これまで Zeiva Inc がリリースしてきたゲームは、いずれも物語、プロット重視で、こういうタイプのシナリオを出してくるのは、私の知る限り今回が初めてです。それを踏まえると、これはなかなか侮れない内容です。

シナリオ以外に目を向けても、本作はこれまでのZeiva Inc のゲームに比べるとやや異質です。定番だったミニゲームは登場しませんし、ルート分岐も一切ありません(エンディングも1つです)。開発資金を Kickstarter で集めたり、フルボイスを導入したりといったこともそうです。正確なところは開発者自身だけが知ることでしょうが、やはり本作は挑戦的な性質が強い作品であるのかもしれません。


○有償版の情報
本作にはウェブサイトで公開されている無償版とは別に約5ドルで購入できる有償版があります。
主な追加要素は以下の二つです。

1.音声
ほぼフルボイスです。
2.おまけシナリオ
メインシナリオをクリアすると、外伝的なストーリーが2つ追加されます。一つは本編の後日談、もう一つは本編とは全く関係のない、漫画やアニメ、ゲームに関するメタネタを含むコメディです。

○音声について

本作の有償版は、英語圏の日本風ゲームにしては珍しくフルボイスですが、これに関しては留意すべき点が一つあります。各々のキャラクターを演じているのは、発売の数ヶ月前に、Zeiva Inc がネット上で催したオーディションで選ばれた人々だということです。そのため、キャラクターごとの演技の腕前や音質にはかなりの差があります。特に音質の違いは大きく、あるキャラクターの音声は澄んでいますが、その一方、またあるキャラクターの声には、986円で売られていたマイクで録音したのではないかと思えるようなノイズが混ざっています。

私としては、せっかくプレイするのであれば音声付きをお勧めしたいです。同一文の音声を使いまわしていたり、特定の部分だけ(バグか仕様か)音声が出なかったりするのですが、質や演技力の差も含め、一見(一聴)する価値はあります。

Zeiva Inc新作: Voices from the Sea がKickstarterに

sen02

Zeiva Incが現在制作している新作ゲーム”Voices from the Sea“の開発資金の募集がKickstarterで始まりました。

Zeiva Incは2001年から活動を続けている、日本風のアニメ/ゲーム/漫画風のアドベンチャーゲームを作り続けているデベロッパーです。
メンバーはMirageさんとNitarouさんの二人だけですが、両者ともイラストを描かれる人で、ゲームのグラフィックはほぼこの二人によって描かれています。

当初Zeivaは、”Genetic Glow“や”Imaginary Realm“といったフリーゲームを中心に作っていましたが、
2010年に公開したOther Age:Second Encounter(OASE)を境に、有償ゲームの制作を試みるようになりました。

OASEは労力と時間が贅沢に注がれた力作でしたが、様々な事情により失敗しました。
しかし、続いて発表されたX-Note(2011)はまずまずの人気作となり、そのシステムやシナリオのレベルは、Train of Afterlife(2012)、Area-X(2013)を経て、徐々に高まってきました。

voices from the sea on kickstarter

そして2014年、この新作”Voices From The Sea“が姿を見せました。
ジャンルはデートシミュでもなく、ダンスゲームでもなく、乙女ゲームでもなく、”Slice of Life“。
ヒロインはターコイズ色の髪が目立つ、これまでのZeivaゲームには見られなかった幼い風情の少女。
わざわざKickstarterに登録したことも配慮すると、本作はかなりの挑戦作となるのではないかと思います。

ゲームの内容についてはまだあまり分かっていないので、ここでは、「Zeivaのことはよく分からないけど投資してみたい!」と考えている方に向けて、注意すべき点を三つ挙げておきましょう。

一つ目は、Zeivaが作ってきたゲームはすべてFlash製だったし、たぶんは今回もそうなるであろうということです。
ADVやノベルゲーム専用のエンジンを使うのに比べ、既読スキップやバックログといった機能を追加するのはやや難しいと聞くので、高水準のシステムは期待してはいけません。
最新作であるArea-Xの体験版に触れてみれば、Voices from The Seaのシステムがどんなものになるか予想できるはずです。

二つ目は、Zeivaはインディーゲームデベロッパーを名乗っているものの、決して巨大なデベロッパーではないということです。

最も肝心なのが三つ目で、これは投資を考えているのであれば決して見逃してはならない一点でしょう。
それはこのプロジェクトが成功した場合、本作はフリーウェアとして公開される予定だということです。
安く購入することを目的に投資する意味はないということです。
もちろん、投資することで得られる特典もいくつか予定されていますが、
今回のプロジェクトは、あくまでもZeiva Incに対する支援を前提として考えたほうがいいでしょう。

最後に、私がこのような説明を書いた理由について少し述べておきます。
今日、KickStarterというと「○○○○が*****ドル集めた!」というようなセンセーショナルな見出しと共に語られることがしばしばあります。

私はその様子を見ていて、「もしかするとKickstarterのゲームプロジェクトに対して大きすぎる希望を抱いてしまう人がいるのではないか」と不安になりました。
それで、このプロジェクトのことを宣伝するにしても、Zeivaとはなにか、投資するならなにを考慮したほうがいいのか、という説明を添えなければならないなと考えたのです。

この記事が皆様にとって参考になれば幸いに思います。
投資という性質上、この記事はできるだけ公平に、また控えめに書きましたが、本当は舞い上がるほどに楽しみなのです。


○外部リンク
Voices from the sea Kickstarterページ


ところで、次の画像を見てください。

voices from the sea maris

うん、これは今すぐ投資するしかないですね。

ホーム > Zeiva Inc > Voices from the Sea

検索
フィード
メタ情報

Return to page top