Home > アーカイブ > 2010-08

2010-08

星の世界

注意:この記事は発売当時に書いたものです。
現時点ではここで挙げた問題の殆どが度重なるパッチによって改善されています。
開発元であるBlind Eye’s Studioは発売以来、信じられないくらいの勢いでこのゲームの開発に取り組んできました。

とはいえ、まだ完成度の低いゲームではあります。
しかし私はこの情熱に満ちた開発者の姿勢、そして成長し続けるStar Rulerの可能性には大きな価値があると思っています。


Star Rulerが発売された。
色々と厄介な内容なので今回は最初の印象について書いていくことにする。

ゲームの基本は普通の4Xだが、エリアの区切り(Sinsの重力圏のようなもの)が無く、銀河まるまる一つが連続した空間として扱われており、ユニットは星系内、そして深宇宙であってもシームレスに移動する。

全文を読む

新たなる宇宙

star ruler space

公式site

Star Rulerが発表されていた。
これは2年前から開発されていた宇宙を舞台にしたRT4Xだ。
(つまり4X(Turn式Gameを指すと思ってもらえればよい)とRTSを併せたGame性を持っている。)

動画や紹介を読んだ分だと惑星単位で管理するのに関わらず、PC性能さえあれば千近い星系からなるMapでPlayできるという。
以下は公式やInterviewから気になったところを拾って書いた。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2010-08

検索
フィード
メタ情報

Return to page top