Home > アーカイブ > 2011-09

2011-09

ロストカラーズの紹介と感想 Advanced Novelの体験

私はノベルゲームやアドベンチャーゲームがあまり得意ではない。

嫌いじゃない。好きなタイトルはいくつもある。
けれども落ち着きのない性格のためか、文章を読むことが長続きしないのだ。
そんなこともあって、選ぶのは変わったシステムのものか、さもなければミニゲームが付いているものばかりだった。

ある時、ANOSと呼ばれる変わったゲームシリーズの事を耳にした。
それは時間や記憶を管理することで活路を開く、能動的に行動しなくてはならないノベルだという。
どこかYU-NOやP17nを連想し、興味を持った私はシリーズのうちの一つを試すことにした。

lostcolors title

ということで今回のゲームはANOSシリーズの3番目、色の無い世界を描いた”ロストカラーズ”だ。
開発は自転車創業。
レーザーディスクゲームの移植販売をしたり、X68000に関する活動を行っていたりする、ちょっと妙なゲームメーカーである。

注意:この記事にはそこそこのネタバレがあります。
中盤以降の謎解きやストーリーには触れないようにしましたが、空っぽの頭で遊びたい人は回避を。

全文を読む

宇宙のゲームの雑記

何故だかは分からないが、不思議と宇宙ストラテジーの発表が相次いでいるように思える。
いや、前からこうだったのに、ただ自分が知らなかっただけかもしれない。

どちらにせよ、このままでは現状を把握できなくなり、情報の圧力に押しつぶされてしまいそうなので
まとめを兼ねてそれらを紹介し、簡単な印象を書いていくことにする。

私が興味を持ったものだけを集めたので、ここに書いていない、抜け落ちているゲームも少なくない。
なのであまり信用せず、自身で色々と調べてほしい。
そしてできればそれについて発信してほしい!ストラテジーゲームの日本語情報はまだまだ足りない!

まあ前置きはこれくらいにしてとにかく本題を始めよう。
(動画を多く貼ったので注意を!重いです。)

全文を読む

分子が煌くとき! ばいおるる弐の紹介と感想

化学は好きですか。
かがく、化け学、ケミストリー・・・

もう忘れてしまったことも多いけど、
これを習っていらい、身の回りが違って見えるようになった気がするよ。
いや、自分を取り囲むものを知ることは、きっと誰もとっても楽しいことに違いない。

ばいおるる弐 タイトル

今回のゲームは、化学的な働きを取り入れたアクションパズル
“ばいおるる弐”について紹介しつつ、色々と書いていく。
平賀源内が娘、天才科学者おるるの活躍、こうご期待!

全文を読む

Home > アーカイブ > 2011-09

検索
フィード
メタ情報

Return to page top