Home

上から下まで

ゲームの雑記「Crawl」

最近は、先日インターネット上の友人であるふぉる絵さんから戴いた「Crawl」というゲームをよく遊んでいます。

面白いゲームだったのでブログにレビュー記事を掲載しようと思い立ち、数日前から下書きを書いているのですが・・・思いの外、難航しています。ゲームが複雑であるためなのか、それとも長い間、ゲームの内容に細かく言及する記事を書いていなかったせいで書き方を忘れてしまったのか・・・どちらにしろ、すぐには出来上がりそうにありません。とりあえず、差し当たり、今回はごく簡単な紹介文を掲載します。

「Crawl」は二人から四人(*)で遊べるアクションゲームです。プレイヤーのうち、一人は「人間」役となって邪悪な雰囲気の迷宮を探索します。一方、残りの一人~三人は「亡霊」となって、罠に憑依して操ったり、魔方陣から化け物を呼び出したりして「人間」を殺さなくてはなりません。

*対応しているのはLAN環境を使ったプレイのみ。一緒にコンピューターゲーム遊ぶ友人が身近にいないと対人戦は遊べませんが、そういった場合はコンピュータープレイヤーを相手にすることができます。私は今までコンピュータープレイヤーとしか遊んでいませんが、動きや計画やや単調であるものの、そこそこ良くできているので一人でも満喫できています。

ただ、「人間」が死んでもゲームは終わりません。「人間」プレイヤーが死ぬと、今度はその「人間」に致命傷を与えた亡霊が次の「人間」役となり、探索を引き継ぐことになります。そして、死んだ「人間」プレイヤーは新たに「人間」になったプレイヤーと入れ替わりに「亡霊」となります。

「人間」プレイヤーは化け物を殺すと手に入る「エクトプラズム」を集めると、レベルが上がります。このレベルが10以上になった「人間」プレイヤーは「迷宮の守護者」に挑戦できるようになります。「人間」プレイヤーが、この「守護者」に見事勝利すると、ゲームは終了。「人間」は迷宮から脱出できたことになり、ゲームの勝者となります。一方残酷なことに、敗者となった「亡霊」プレイヤーたちは、そのまま亡霊として迷宮を彷徨うことになるようです。

よって「人間」プレイヤーは「人間」であり続けるため、殺されないように用心しながら探索を進めてレベルを上げ、反対に「亡霊」プレイヤーは、「人間」プレイヤーが「守護者」を倒せる力を身に付ける前に殺し、「人間」役を奪い取る必要があります。もちろん、他の自分の「亡霊」に最後の一撃を引っさらわれて「人間」役を奪われないようにも警戒するのも忘れてはなりません。

「人間」役になっているときと「亡霊」役を操作しているときで、考えるべきことも行動もかなり違うので、見た目は地味であるものの、意外に楽しめるゲームです。1回のゲームが30分程度で終わるので、ちょっとした暇潰しに・・・とつい遊びたくなるのが憎いところです。いつかもっと詳しいレビューを載せたいのですが!

Carciphona 変更した訳語一覧

第4巻を翻訳するに当たって、既存の訳語をいくつか改めました。その一覧を以下に掲載します。原文の台詞は全て大文字(*)ですが、引用するにあたって文頭以外を小文字に置き換えました。内容に関するご意見、ご批判、お待ちしております。

*理由は知りませんが、西欧の漫画や紙新聞の文章は文頭以外も全て大文字で印刷してあるのが普通です。

「Carciphona」
旧 「カルシフォーナ」
新 「カルシフォナ」

間違いだったことが分かったので修正しました。

「Blackbird」
旧 「黒い鳥」
新 「黒鳥」

「黒い鳥」だと、「黒っぽくない普通の鳥」に対して「黒い鳥」がいるように解釈できてしまいます。

漫画の世界の住民らがあの暗殺者をBlackbirdと呼ぶようになった経緯は今のところ不明です。作者が十年ほど前に制作した「Blackbird」(*)という漫画には「夜更けに獲物を襲うという噂が世に広まり、やがてBlackbirdが通り名になった」という解説がありますが、この設定を「Carciphona」が引き継いでいるかどうかは不明なので、用心のため、この記述は無視して訳します。

(*)「Carciphona」の原形。未完。人物の名や姿、物語の舞台設定など共通点が多々あるものの、全体的には異なる点のほうが多い。作者のウェブサイトからダウンロード可能。なお、現在も続いている「Carciphona」も、6年前までは「Blackbird」という題名だった。

「Vocruen」
旧 「ボクルーイン」
新 「ヴォクルーイン」

本作は台詞の吹き出しが小さいので、そこに収まるよう訳すのはなかなか骨が折れます。どうやっても範囲内に収まらず、泣く泣く意味を削ったり、変えたりした部分は数え切れないくらいあります。

特に難題となるのが人名や地名などの固有名詞の扱いです。名前というものは、あだ名を作りでもしない限り、短くしようがないからです。特に人名の場合は、「-さん」、「-殿」、「君」などが後続することが多いので、字数はさらに増します。

「Vocruen」は、「ヴォクルーイン」とカタカナ音写できます。字数は七文字、「-さん」を加えると九文字です。九文字も入れると、書体(フォント)のサイズをかなり減らしても、大抵の吹き出しは名前を書くだけで埋まってしまいます。四年前、この名の長さがいずれ障害になるのではないかと心配した訳者は、「ヴォ」を「ボ」とし、一文字節約することにしました。

しかし、翻訳を進めるうちに、「Vocruen」の名が出てくる吹き出しは思ったよりも少なく、大部分は字数を節約する必要がないくらい大きいことが分かりました。これなら名前が一文字くらい多くても何とか工夫できそうだと判断し、名前を本来の表記に近づけることにしました。

「Iriel」
旧 「エアリアル」
新 「アイリエル」

これは単なる訳者の間違いの修正です。なぜこんな間違いを…

「Demon Spirit」
旧 「悪魔の霊魂」、その他
新 「魔霊」

「Demon Magic」
旧 「悪魔魔法」
新 「魔霊術」

「『Demon』は『Underworld』に棲息しているらしい。Underworldはあの世や地獄を意味する。なら、この場合のDemonは悪魔という意味なのだろう・・・」
三年前、訳者はこのように訳を決定しました。改めて考えてみるとあまりに短絡的です。

第一に、作中に出てくるのは常に「Demon Spirits」という熟語です。第五巻の終わりまでに「Demon」という語が単体で出てきたことは一度も無いのです。

2016年09月09日追記: 漫画を読み返していて、第3巻の113ページ121ページに「Demons」という単語があることに気がつきました。もし「Demon spirits」とは別に「Demons」という生物(?)が存在するのなら、訳語を変更しなければならないかもしれません。ただ、現時点では不明瞭なところが多すぎるので、情報が揃うまで、訳語はこのままにしておきます。

2016年9月23日追記: 第2巻の109ページにも「Demons」という単語がありました。この漫画の世界に「Demon」という種族または概念が存在する可能性が高くなってきました。

第二に、「悪魔」というと、キリスト教的な「悪魔」、一神教の神と対立する邪(よこしま)な存在を連想する人が多いと思いますが、「Demon Spirit」は「悪魔」とは随分違うようです。

人間に力(Magic魔術)をもたらすが、代償を支払わせる、という構図は確かに「悪魔」が人間を誘惑するのに似ています。ただ・・・「悪魔」は知恵を巡らせて巧みに人間を惹きつけますが、「Demon Spirit」は作中の描写を見る限り、ただ人間に付き纏ったり蠢(うごめ)いているだけで知能があるようには見えません。これまでの描写を見る限り、「Demon Spirit」が人間を誘惑して力を与えているのではなく、人間が一方的に「Demon Spirit」を魔法のエネルギー源として利用して、勝手に副作用(Carciphona)に苦しんでいるだけのようです。

以上のことを考えると「Demon Spirit」は、広く「悪霊」と訳すのが正解だったように思えます。しかし、この世界の人間が魔法の燃料となる便利な存在に「悪」という字を用いるようには思えないので「悪」を「魔」に変えた、「魔霊」を「Demon Spirits」の新しい訳語とすることにしました。といっても「魔」も縁起の良い語ではないので、あまり意味は無いかもしれませんが…

2016年8月4日追記:中国語版の「Demon Spirits」訳語が「魔灵」であることも「魔霊」という訳語を選んだ一因です。

ところで、作者は「Carciphona」制作の参考にしたマンガの一つとして「超爆魔道伝スレイヤーズ」(*)を挙げています。「スレイヤーズ」の原作、マンガ版、アニメ版のいずれかに触れたことがある方は既にお気づきだと思いますが、「Carciphona」の「Demon Magic」は、「スレイヤーズ」の「黒魔術」に極めてよく似ています。「スレイヤーズ」との共通点については、後日、別途に記事をアップロードする予定です。

*作画 義仲翔子 原作 神坂一 キャラクター原案/あらいずみるい

「Underworld」
旧 「地獄界」
新 「魔界」

「Demon Spirit」の訳語変更に合わせて変更しました。

Carciphonaの宇宙(*)は、神聖な存在の住む「Overworld」(訳語未決定)、普通の生物の暮らす「Mortal Realms」(地の国)、得体の知れない禍々しいものたちが巣食う「Underworld」(魔界)の三つの世界に分かれています。世界の間を行き来することは普通はできません。その例外が他の世界からSpirits霊を呼び出す「魔術」のようです。

*「Mortal Realms」の住民は、この宇宙、つまりこの三つの世界を総称して「Maelstrom」と呼ぶようです。

「Elemental Magic」
旧 「元素魔法」
新 「精霊術」

「Book of Elements」
旧 「元素の書」
新 「精霊の書」

「Elemental」は「元素」なのか、「精霊」か、はたまた「自然」か?
訳に着手した当初、この語の訳には大変悩みました。最終的に「元素」を当てましたが、特に根拠があったわけではなく、この訳語が正しいのかどうか、ずっと自信が持てずにいました。

数年考えた末に、「元素」という訳語は不適切だという結論に至りました。この魔術を使うのは獣人ですが、獣人が世の中の組成について考えていることを示唆する場面はありません。よって「元素」という使う理由はありません。

では、「自然」か「精霊」か。「精霊」という語は、ファンタジー小説やマンガやゲームなどでは、主に自然物に宿る非物質的な存在を指すようです。
獣人たちは、木草や火や水といったものに宿る何らかの力を使って不思議な現象を起こしているようですから、この語が合いそうです。

ということで、今回は「精霊」を採用したのですが・・・何だか今になって不安になってきました。「精霊」という言葉は甚だ多義です。読者の方々はこちらの意図するように受け取ってくれるのでしょうか。これならまだ「自然」と訳したほうが、草木や山河と関係することは確実に伝えられて明瞭だった気がします。

ただ、短期間に訳をコロコロ変えると読者を混乱させてしまうので(今回の訳語変更で、既に混乱させてしまっているでしょうが…)、しばらくは様子を見ることにします。

Carciphona 第4巻

昨日(7月22日)、完成した日本語版第4巻の画像データを作者に送りました。先日の記事には、「七月の半ばまでには作者に送る」と書きましたが、手間取って一週間ほど遅れて下旬になってしまいました。今のところ不備は見つかっていないようなので、早ければ今月中には閲覧可能になると予想しています。

今回、既存の訳語をいくつか変更しました。たとえば、”Elemental Magic”の訳語はこれまで「元素魔法」としていましたが、第四巻では「精霊魔法」としました(第3巻までの記述もこれから修正します)。近日中に変更した訳語の一覧と変更した理由を説明する記事を作成するので、しばしお待ちください。

変更した訳語の一覧を作成したら、次は注釈を書く予定です。第4巻は吹き出しが小さく、意味を削ったり変えたりした部分が甚だ多いので、その欠落を補いたいのです。問題は日本語版を読んだ方々がこのブログの存在を認知してくれているかどうかですが、検索エンジンで結果を日本語だけに限定して検索すると、大抵の検索のエンジンでこのブログが最初のほうに出てくるので、多分気づいてくれるのではないかと考えています。

○余談
予約していたCarciphonaの第五巻の書籍版が先々週届きました。出版社を介さずに、作者が印刷所に依頼して自費出版自費で出版しているものなので、謂わば同人誌ですね。

2016年8月4日訂正:「自費出版」と書くと編集作業を出版社に任せていると受け取る人もいるようなので訂正しました。

第1巻から4巻には、書籍版の購入特典として、ウェブ版では読めないおまけページが附属しているのですが、第5巻にはそういったものはありません。

第5巻はアクション・シーンが少なく、話の進展も遅い、第四巻に比べて地味な内容なのですが、これまでの巻の中では最も気に入っています。第二話の前半にある今まで無頼無法のように見えた主要人物が涙を零す場面には、初めて読んだときはとても驚きました。こんな姿を見せるなど、想像だにしなかったのです。

その直後に登場人物が歌を歌う場面があります。この歌には作者が付けた旋律と歌詞があり、2015年の7月15日付けの更新の説明文に音声ファイルへのリンクが載っています。ご存じの方もいると思いますが紹介しておきます。

Sins of a Solar Empire: Rebellionに新しいDLCが

遅ればせながら、StardockがSins of a Solar Empire: Rebellionの新しいDLCを発売したということを知りました。題名は「Outlaw Sectors」。意味は「少数勢力が横行闊歩する無法星域」、といった感じでしょうか。

私は購入はしたものの、具体的な内容はまだ確認していません。公式サイトの説明文には、主に海賊や中立陣営などの非プレイヤー勢力に関係する部分に新しい要素を追加したことが書いてあります。目当たらしい変化はなさそうなので、「Sins大好き! 別の銀河へでも追いかけて行きます!」という人以外は購入する必要が無さそうです。

今更DLCが出ても、皆もうSinsのことは忘れているのではないか、と心配しましたが、Sinsがきっかけで知り合ったSteamフレンドは概ね購入しているようだったので安心しました。ただ、「できることなら新作を」と思ってしまうのは私だけではないと思います。このDLCがSins 2のための布石であるといいのですが。でも、よくよく考えれば前のDLCの「Stellar Phenomena」の発売時も同じことを考えたような記憶が・・・

○翻訳パッチについて
新しいDLCが出たためか、それとも毎年恒例のSteamの夏のセールが始まったためか、Sinsの翻訳パッチを添付している記事へのアクセス数が急増しています。その記事にも書いてあるように、この翻訳パッチの出来は贔屓目に見ても良質ではありません。このままにしておくのも心苦しいので、近いうちに翻訳をやり直そうと思います。かなり文章量があるので一朝一夕には終わらなさそうですが。

Carciphonaの訳

07/22日追記
本日、完成したファイルを作者に送りました。
いくつか訳語を変更したので、これからその説明を書きます。

メールの記録によると、「 Carciphonaカルシフォナ(※)」の第三巻の翻訳データを作者Shilinさんに送ったのは去年の五月十三日、第四巻の翻訳を始めたのはその直後だったはずです。ということは、もう一年と一ヶ月、第四巻の翻訳をしていることになります。

※長い間「カルシフォーナ」と音写してしましたが、最近になって「カルシフォナ」または「カルシフォンナ」と表記するべきだったということが判明しました。誤記を続けてしまい、申し訳ありませんでした。

こんなに時間がかかっているのは、第四巻の翻訳がこれまでの巻に比べて遥かに難しいからです。「文章が難解だった」というのが理由の一つですが、最大の難関となっているのは吹き出しの狭さです。

漫画を翻訳する際は、とにかく吹き出しに納まるような訳文を作らなくてはなりません。どんなに優れた文も、吹き出しからはみ出してしまうようでは、漫画の訳としては使えないからです。理想的なのは、短くて、それでいて原文の意味をできるだけ損なわない文章です。しかし・・・「短くて、それでいて原文の意味をできるだけ損なわない」。実は、この条件を同時に満たすのは不可能です。異言語で書いてある文章の含意を余すことなく掬い上げようとすると、どうしても文章は長くなるからです。

「Carciphona」の吹き出しは、英語圏の他の漫画と比べても特に小さめなので、第一巻から第三巻までの翻訳でもかなり難儀しました。どうしても吹き出しに納めることができず、泣く泣く文章を削ることにしたのは一度や二度ではありません。しかし、第四巻の翻訳を始めて早々、それまでと比べて更に吹き出しが小さくなっていることに驚き、どうやっても訳文が思いつきそうになく、途方に暮れてしまいました。

「どうすれば吹き出しに入るだろうか。どこをどう削ればいいんだろうか・・・」
ふと気が付くと、一年が過ぎていました。

妥協に妥協を重ね、ようやく第四巻の翻訳とファイル作成が粗方完成したのは今月になってからです。意味が原文から乖離してしまっている箇所もあり、能力不足で十分に訳し切れなかった箇所もあります。しかし、今の自分に出来ることば全てやりました。

訳は七月の半ばまでには作者に送る予定です。それが終わったら、削った部分補うための注釈をブログに書く予定です。

ところで・・・久しぶりに第一巻から第三巻までを読み返して、自分の訳の酷さに絶句しました。第四巻の訳が済んだら、第五巻に着手する前に、第一巻から第三巻の訳をやり直す予定です。修正作業と平行してこのブログに正誤表や注釈を掲載する予定なので、既に第一巻から第三巻をお読みになった方はどうかしばらくの間お待ちください。

ブログのレイアウトについて

ブログの見た目を変えてみたくなって、数日ほど前から良いWordPress用テーマが無いか探して回っています。色々試している最中なので、しばらくの間は突然ブログの外見が変わったり、元に戻ったりするかもしれません。

Zeiva Inc、Anicon (Animal Complex)の体験版を公開(その2)

○基本

本作はこれまでのZeiva作品と同じくFlashゲームです。解像度は「Voices from the Sea」から変わらず1000×750。Zeivaウェブサイトの記述によれば、現在開発しているという「Dragon Essence」(※)や「Train of Pastlife」も1000×750らしいので、今後しばらく新作はこの解像度で作っていくようです。見た目は良くなりましたが、動作は若干重くなっているので、古いパソコンやタブレットを使っている人は注意する必要があります。

※現在ダウンロードできる体験版はOASEやX-noteなどと同じ800×600です。

ゲームシステムは一般的なADVと概ね同じです。文章を読み進め、時折出てくる選択肢を選ぶ。基本はこれだけです。ミニゲームの存在はDemo版では確認できませんでした。

音楽と効果音はそれぞれオンオフを切り替えることができますが、音量は調整できません。キャラクターの音声はありません。

謂わゆるバックログのようなものはありません。読み進めた文章は上方向キー(↑)を押せば巻き戻すことができますが、巻き戻せる範囲はそれほど大きくないので(数個程度)、うっかり画面を二回クリックして文章を一つ読み飛ばしてしまった、というような状況以外ではあまり使い道はありません。

○見た目はかなり立派に
「随分見た目が華やかになったなあ」というのが起動して真っ先に抱いた印象です。舞台がサーカスであるという点を意識してのことでしょうか、外見が比較的質素だった前作や前々作に比べて、ボタン類も、背景も、ゲーム画面の外枠も、明るく豪華な作りになっているのです。また、まだDemo版なので数を比較することはできませんが、キャラクターの立ち絵の種類(差分)もかなり増えていて、一枚絵の挿入頻度も高くなっているように思います。

完成は今月中とのことなので、楽しみに待とうと思います。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top