Home

上から下まで

Zeiva Inc、Anicon (Animal Complex)の体験版を公開(その2)

○基本

本作はこれまでのZeiva作品と同じくFlashゲームです。解像度は「Voices from the Sea」から変わらず1000×750。Zeivaウェブサイトの記述によれば、現在開発しているという「Dragon Essence」(※)や「Train of Pastlife」も1000×750らしいので、今後しばらく新作はこの解像度で作っていくようです。見た目は良くなりましたが、動作は若干重くなっているので、古いパソコンやタブレットを使っている人は注意する必要があります。

※現在ダウンロードできる体験版はOASEやX-noteなどと同じ800×600です。

ゲームシステムは一般的なADVと概ね同じです。文章を読み進め、時折出てくる選択肢を選ぶ。基本はこれだけです。ミニゲームの存在はDemo版では確認できませんでした。

音楽と効果音はそれぞれオンオフを切り替えることができますが、音量は調整できません。キャラクターの音声はありません。

謂わゆるバックログのようなものはありません。読み進めた文章は上方向キー(↑)を押せば巻き戻すことができますが、巻き戻せる範囲はそれほど大きくないので(数個程度)、うっかり画面を二回クリックして文章を一つ読み飛ばしてしまった、というような状況以外ではあまり使い道はありません。

○見た目はかなり立派に
「随分見た目が華やかになったなあ」というのが起動して真っ先に抱いた印象です。舞台がサーカスであるという点を意識してのことでしょうか、外見が比較的質素だった前作や前々作に比べて、ボタン類も、背景も、ゲーム画面の外枠も、明るく豪華な作りになっているのです。また、まだDemo版なので数を比較することはできませんが、キャラクターの立ち絵の種類(差分)もかなり増えていて、一枚絵の挿入頻度も高くなっているように思います。

完成は今月中とのことなので、楽しみに待とうと思います。

Zeiva Inc、Anicon (Animal Complex)の体験版を公開(その1)

Animal Complex ウェブサイトトップページ

Zeiva Incが新作ゲーム「Animal Complex」、略称「Anicon」のDemo(体験版)を公開しました。2014年の6月の「Voices From The Sea」の公開以来、既存のゲームのアップデートはあったものの、新作は途絶えていたので、やっと来た!という感じがします。

「Anicon」は今までのZeivaゲームとは違い、登場するキャラクターのシナリオ(謂わゆる個別ルート)を個別に制作し、それぞれ単体として販売していく予定だそうです。今回出たのはその第一弾「- Cat’s Path -」。とりあえず第三弾まで作ることは既に決まっているようですが、最終的に第何弾まで作るか、つまり、何人分の個別ルートを作るかは売り上げを見て判断するとのことです。

これまでにZeiva Incが完成させた有償のゲームは合計5作。そのうちの二作、「Other Age:Second Encounter」(2010年9月発売)と「Area-X」(2013年6月発売)は制作に二年以上費やした力作です。しかし、双方ともに売れ行きが芳しくなかったようで、Zeiva IncのMirage Maiden氏はTwitterやTumblerで度々そのことを嘆いていました。今回のような制作・販売方式を試すことにしたのは、二作で味わった苦い経験を踏まえてのことなのでしょう。

何はともあれ、早速ゲームに触れてみることにします。

○本編

Clena、自分を「普通の娘」だと語る

物語の幕は食器の割れる音とともに開きます。割ったのは本作の主人公、「Clena」(※1)という名の娘です。どうやら食堂かどこかで働いている様子です。店主の言うことには、これまでに「破片を全部積み上げたら山が出来てしまうほど」食器を割っているとのことです。結局、店主の堪忍袋の尾が切れてClenaはお払い箱になってしまいました。よっぽど不器用な性分のようです。

※1 清掃係、掃除夫などを意味する「Cleaner」を捩(もじ)った名前だと作者がtumblerで述べていたのを記憶しています。作者によると、掃除、整理などを意味する「Clean」の文字を入れ替えて作ったそうです。発音は不明なので、ラテン文字で表記することにします。

意気消沈した様子で街を歩くClena。本人の口ぶりから察するに、クビになったのは今回が初めてではないようです。本人曰く、自分は「どこにでもいる普通の娘」なのだとか。「普通」・・・いや、この世界でいう「普通」は私の思う「普通」とは違うかもしれないので、あまり深く考えないことにします。

Clena、チケットを買おうとする

考え事をしながら歩いているうちに、いつの間にかサーカスのテントの前に来ていたようです。テントの前では可愛らしい猿がチケットを売っています。サーカスの動物でしょうか。Clenaは興味が出てきたらしく、気分転換にとチケットを買おうとします・・・が、そこで財布を落としていたことに気がつきます。

泣く泣く入場を諦めたClenaですが、猿以外の動物も見てみたい、とテントへの裏手へと回ります。どうやら相当な動物好きのようです。ところが、そこへ慌てて走ってきた人、ではなく猫とぶつかってしまいます。ピッチリとしたベストとネクタイを着けた身なりの良い猫です。

Clena、猫にぶつかる

「可愛い--」Clenaが感嘆の声を漏らします。しかし次の瞬間、猫は少年の姿に変化してしまいました。「フルーツバスケット」を思い出す展開です。

困惑するClenaの周りに様々な生き物が集まってきました。ライオン、象、羊、兎、梟(ふくろう)、それに何故か蝸牛(かたつむり)。皆、人間の言葉を話しています。常識外れの状況にClenaは混乱します。

なんだかんだあった末に、Clenaはこの喋る動物衆の母親であり、サーカスの団長でもあるという人物に会うことになります。団長はClenaに矢継ぎ早に質問を投げかけます。

「キミ、名前は?」
「えっと、Clenaといいます」
「Clenaか、歳は?」
「16になったところです」
「それはいい。仕事はしているのか?」
「今は失業中です…」
「そうか、そうか。動物は好きか?」
「好きです! 動物は大好きです!」

質問の後、団長はClenaに一座で掃除係として働くよう命じます。

Clena、団長と対面

団長の話をまとめると概ねこういうことになります。

息子たちは特定の条件が揃うと、人間から動物に変わったり、反対に動物から人間になったりしてしまう。このことは門外不出の秘密。知ってしまったお前をこのまま放っておくわけにはいかない。だからお前には掃除係として一座に加わってもらう。それと、一年以内に息子の一人を口説き落とせ。息子と結婚すれば、お前は私の義妹、我々の親類になるのだから万事解決である・・・

やっぱり、あまり深く考えないようにしたほうが良さそうです。

話の紹介はこれくらいにして、次はシステムなどに目を向けてみることにします。

半年ぶりくらい

前の投稿から随分と時間が経ってしまいました。

ゲームを遊ぶ時間は以前と比べるとかなり少なくなりましたが、今でもぼちぼち触れています。まだどんなことを書くか決まっていませんが、また少しづつ更新していこうと思います。

パスディフェンダーの戦いはまだ終わらない Immortal Defense v1.2 2015年9/1リリース!

以下はSteamの販売ページに投稿したレビューです。レビューというよりは単なる紹介文ですが、なかなか分かりやすく書けたのでブログにも掲載することにしました。

異星人の侵略から妻と娘を守るため、ある男が不老不死の戦士「パスディフェンダー」になりました。男は神にも等しい力を手にした代わりに肉体を失い、普通の人間には見ることも触れることもできない幽霊のような存在になってしまいます。もう元の姿に戻ることはできません。しかし、男は故郷と家族を救いたい一心で、同じパスディフェンダーの仲間と一緒に押し寄せてくる軍勢を相手に戦います。

戦いが始まってから十数年後、妻と娘は死に、男に残った家族は娘の忘れ形見である孫娘だけになっていました。一方、男の仲間であるパスディフェンダーは、終わりのない防衛戦を続けることに絶望して正気を失ってしまいました。男は孫娘の暮らす故郷をたった独りで守り続けなくてはならなくなってしまいます。

それから数百年が過ぎました。倒すべき敵はすでにいなくなっていましたが、男はまだ戦いを止めていませんでした。人間に戻ることも死ぬことも叶わないのに、破壊のための力だけは掃いて捨てるほどありました。男はもう、意味があろうが無かろうが、戦うことしかできなくなっていたのです――

なぜ人は無駄だと分かっていることを続けてしまうのか、永遠に同じことを続けなくてはならないとしたらどうなってしまうのか、「全て(家族も、故郷も、文字通り全てです)を捨ててでも守りたいと思えるようなものはあるのだろうか」といった疑問を、守ることしかできない、戦いは負けるまで終わらないという古典的タワーディフェンスゲームの基本ルールと絡めて掘り下げた唯一無二の怪作です。

(補足:筆者は日本語版の訳者でもありますが、対価は一切貰っていません。「おすすめ」としたのは率直に良いゲームだと思っているからです。日本語版の出来については後悔もありますが・・・最低限日本語として読める出来にはなっていると思います。

以上です。本作はストーリーが素晴らしいゲームなのですが、従来のレビューは主にゲームシステムを解説し、ストーリーについては簡単な記述だけに留めているものが多かったので(※)、本文ではその穴を補うためにストーリーだけを扱いました。本文は全六章中、第四章までを解説しています。残り二章は実際にプレイしてのお楽しみ……ということです。

※:例外として、Carl Muckenhouptという方が自身のブログに掲載しているレビューは、結末や構成はもちろん、作者の意図や問題点に至るまでゲームのストーリーを一通り分析しています。

全文を読む

HOMEWORLD

HOMEWORLD REMASTERED

“HOMEWORLD Remastered”の発売まで10日を切りました。

HOMEWORLDは宇宙を舞台にしたRTSで、艦艇が上下左右に動ける立体的な宇宙空間と、ストーリーが素晴らしいので有名です。一作目の発売から既に15年以上になりますが、愛好者の情熱は未だ冷め切っておらず、インターネット上で話題を見かける機会には事欠きません。

この”HOMEWORLD Remastered”は謂わゆるリメイクではなく、ゲームエンジンを作り直し、音声とグラフィックを一新したHOMEWORLD1と2です。つまり、見た目と音声の他は概ね元のゲームのままです。外伝である“CATACLYSM”は残念ながら入っていません。

贅沢を承知で言えば完全な新作を目にしたかったというのが本心ですが、HOMEWORLD 2から10年近く活動が途絶えていたことを考えると、表舞台を降りてただの思い出になってしまったゲームシリーズが多々ある中、再び世に出る好機があるだけ幸せだと思うべきなのかもしれません。

Zeiva Inc、Steamへ

本日はZeiva Incの制作したゲーム、“Train of Afterlife”のSteamでの発売日です。明日(日本時間で17日)には“X-Note”が続くようです。

toa title

X-Noteは何年か前に遊んだのですが、Train of Afterlifeは第一章すらまともにプレイしていません。なぜかと言いますと、当初はせっかくドイツ語版があるのだから、ドイツ語の勉強のためにドイツ語版を読もう! Zeivaゲーなら頑張れるかもしれない!と意気込んでドイツ語版を始めたのですが、結局根気が続かず止めてしまいました。しかし、かといって後から英語版に戻るのも悔しい・・・ということで以来、触れないままになっていたからです。

これまでにゲームを購入したユーザーはSteam Keyが貰えます。つまらない意地を張り続けるのも良くないので、これを好機にちゃんとやってみようと思います。一段落したらここで感想を書くかもしれません。”Area-X”が先になるかもしれませんが。

dragonessence

なおZeiva Incは現在、“Dragon Essence”というゲームを開発しています。Zeiva IncのMirage Maiden氏によると、中華風のファンタジーだそうです。具体的に中国のどの時代、どの地方を元にしているのかは不明です。

絵を担当するのはKaze-hime氏です。これまでのZeivaのゲームの絵は全て、Zeiva Incに所属しているMirage Maiden氏とNitarou氏が描いてきました。つまり、Dragon Essenceは、Zeiva Incに所属しない人が絵を担当する初のゲームということになります。


○外部リンク
公式サイト

Battle Fleet 2 雨やふらざる、雪やふらざる

battle fleet 2 タイトル
“Battle Fleet 2″は、iOS、Android、Win、Macでリリースされている太平洋戦争を扱ったゲームです。プレイヤーは日本またはアメリカの艦隊を操り、敵方の艦隊を倒さなくてはなりません。簡単にゲームを紹介してみることにしましょう。ちなみに以下の文書はWindows版をプレイした経験を元にして書きましたが、他OS版でもおおむね同じのようです。

battle fleet 2 intro
キャンペーンゲームは、1942年のミッドウェイ海戦の終了後、つまり帝国海軍が4隻の空母を失った直後から始まります。よりによってこんな状況から始まるなんてあまりにもアンフェアだ! と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外なことに、本作においてはそうでもないのです。

1.陣営がどちらであろうと、艦艇や兵器の性能は種類が一緒であればすべて同じ。
日本軍のもので米軍であろうと、すべての艦は同じHP、同じ移動力を持っており、装備できる兵器の数も変わりません。航空機の強さ、魚雷や大砲の射程も同様です。

2.内政要素は生産のみ。
ゲームは大きく戦略用のマップと海戦用のマップに分かれており、戦略マップはフィリピン、オーストラリア、ハワイなど、いくつかの地域に区切られています。この戦略マップで艦隊を敵の占領する地域に移動させると、ゲーム画面がその地域の海戦マップに移り変わり、ここでの戦いで攻撃側が勝利するとその地域を獲得します。これらの地域をすべて占領した陣営がゲームの勝者となります。

battle fleet 2 戦略マップ

この戦略マップでできることは、艦隊の移動(攻撃)する地域を指定したり、偵察コマンドを使って敵エリアにどんな敵がいるのかを探ったり、軍艦を生産をしたりするくらいです。生産は毎ターンごとに占領している地域に応じて得られるポイントを消費しますが、これはどんな艦艇であろうとポイントさえ足りていれば必ず1ターンで完成するし、一度に何隻でも作ることができます。両陣営の生産能力に差はないのです。

3.補給、資源、消耗などの要素はカット。
制海権が奪われてしまったり、艦隊が孤立してしまったりしても特に困ったことは起こりません。また空母の航空機や、一部の地域に配置されている防衛設備(トーチカ砲や飛行場)も、どんなに手ひどくやられても戦闘後には完全に回復します。(例外は艦艇のダメージで、これは港のある地域まで一度戻らなければ回復しない。)

そんなわけで、どちらの勢力を選んでも、難易度はほとんど等しいのです。夢のような話です……いや、ゲームですね!

○距離を測って撃ちまくれ
戦闘はユニットを一つ一つ動かしていく同時ターン制ですが、プレイヤーはユニットを動かす順番を決められません。行動順はその艦艇の指揮を執る艦長の熟練度によって決まります。熟練度20の艦長が乗ったフリゲートAと、熟練度50の艦長が乗った戦艦B、40の艦長が乗った駆逐艦Cがある場合、順番はB→C→A→B→C……という風になります。

battle fleet 2 firing

攻撃目標は直接指定できず、方位と距離を手動で調整しなければなりません。上手くいけば大打撃を食らわせることができるのですが、失敗すると届かなかったり、頭上を飛びこえてしまったりします。何度も宇宙艦隊を指揮してきた私にとっては朝飯前……と言いたいところですが、これが案外難しいのです。攻撃を外すだけならまだしも、横の味方の煙突を壊してしまうこともしばしばです。どの敵を最初に倒すべきか、その敵を撃つためにはどれだけの距離で撃たなければならないのか、頭の使いどころです。

艦の主砲や対空砲などの兵装、弾薬庫、エンジン(煙突)、ブリッジ(艦橋)、舵にはそれぞれ耐久度があり、ダメージを受けすぎると壊れてしまいます。敵の兵装を破壊できれば大金星ですが、こちらのエンジンがやられれば大ピンチです。”MAIN TURRETS DESTROYED”(主砲大破)、”BRIDGE DAMAGED”(艦橋損傷)などのメッセージが飛び出すたびに一喜一憂することになります(主砲大破! 艦橋損傷! などのメッセージを見るとテンションが上がるのは私だけではないはずです。)。

battle fleet 沈没

本作のユニットは全体的に旋廻速度が遅く、180度の旋廻には最低でも3ターンは必要です。これは何を意味しているのでしょうか? そう、敵と向かい合った状態で前方の砲塔がすべて破壊されてしまうと、旋廻が終わるまでの数ターンはただの的になってしまうのです。駄目押しにエンジンや舵が壊されてしまえば、もはやただの漂流物と化してしまいます。これを防ぐには敵との位置関係に気を払い、味方同士でカバーし合えるような陣形で戦わなくてはなりません。簡略化されてはいるものの、なかなか「リアルっぽい」戦闘ではないでしょうか。

○戦略AIは落第点
AIの戦略マップでの行動にはやや問題があります。たとえばハワイは両陣営の中間点に位置する最重要地域なのですが、敵のAIは防衛用の艦艇をろくに配置せず、プレイヤーが確保していても積極的に取り返そうとしてきません。また、こちらが本土の隣の地域を占領しているというのに、本土を守ろうとせず、戦略的には価値の低い地域を攻撃してきたりします。それに対し、戦術マップにおける行動はなかなか優れています。ただ、行動自体は良いのですが、編成は無茶苦茶で、空母が守っている地域に戦艦だけで攻めこんでくることもあります。いくら戦闘が上手でも、これではすぐに巻き返すことができてしまいます。

battle ship 2 building

AIの戦略が腑抜けなため、私は戦場や参加する艦艇を自由に選んで戦えるカスタムバトルでよく遊んでいますが、このモードには二つ不満があります。第一に、このモードはアメリカ軍でしか遊べません。確かに性能は変わらないので、どちらで遊んでも戦い方自体は同じなのですが、たまには気分転換に陣営を切り替えたくなります。(開発者によれば、今後のパッチで選択できるようにする予定だそうです。)第二に、参加させられる艦艇の数がかなり少ないということです。両軍合わせて20隻以上の戦艦が砲撃しあう、現実にはなかったような大海戦がやってみたかったのですが、残念ながら現在の仕様ではせいぜい4隻程度しか出すことができません。メモリやゲームバランスの問題があるにしても、せめてあと少し多ければ、と思わずにはいられません。

○3分で戦艦が動かせるゲーム
一見すると単純なゲームですが、意外と手ごたえのあるゲームです。何時間も熱中して遊べるゲームでないことは事実ですが、息抜きに遊ぶにはぴったりです。ここに挙げた以外にも問題点はありますし、元々スマートフォン向けのゲームとして開発されたためか、操作性にもやや難がありますが、致命的ではありません。

ただ繰りかえしますが、戦略部分はあくまでオマケなので、これを目当てに買ってはいけません。また戦術にしても、主にすることは狙いを定めて撃つだけで、登場する兵器や艦種も少ないため、取れる行動はそれほどありません。しかしながら、「手軽な海戦ものを遊びたい」という意欲を満たすゲームとしては優良です。

ところで現在開発者は大西洋の戦いをモデルにしたキャンペーンを開発しているそうです。他にも色々と追加する計画があるそうなので、興味がある方は応援しておきましょう。


○外部リンク
公式サイト

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top